★わたしたちの王道

会期:2024年5月22日(水)→28日(火)(最終日は午後5時閉場)
会場:大丸東京店 10階美術画廊

本展では、それぞれ個性のある作家だが、見方を変えれば、時代が変われば、
「王道」になりえる可能性をもった作品を展示いたします。
日本画、洋画、版画、工芸、様々なジャンルの様々な表現をお楽しみください。

SNSフォロワー数100万を超えるブックフォールディングの第一人者、D.Hinklayも出品いたします!
ぜひ御覧ください。↑上記作品は出品予定の一部です。


出品作家
安部正兼 / あべねい / 荒井志帆 / 安藤光 / 飯沼由貴 / 大沢愛 Mana Osawa
鴨奥美帆 / 桑野美紗 / D.Hinklay / 中島淳志 / MARINA (50音順)


..................................................................................................................

★ネイネイ個展 -東京ガールズ会議-

会期:2024年5月18日(土)→5月25日(土)11時〜19時(月曜休)最終日は18時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

「“グローカル化”に焦点を当て、日本発“カワイイ”現象を歴史的・考現学的に研究し、
“カワイイ”の解体と再構築の可能性を提示することが制作のコンセプト。
自作のタイトルである<東京少女>を通して言葉や国の枠を超えて、 新たな“カワイイ・カルチャー”の
発信を挑戦していく。」と語るネイネイ氏の八犬堂初個展を開催します。


■PROFILE
1993年 中国生まれ。2022年 KENZAN IAG賞(東京芸術劇場)
2023年 多摩美術大学博士後期課程修了
時代をつくるアーティストたち(Artglorieux/Ginza Six)


5月17日(金)正午からkonoyo.netにて予約申込みをスタート。
事前に複数お申込みのあった作品のみ抽選とさせていただきます。
※お申し込みのなかった作品は18日(土)11時より通常販売いたします。
※会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★高橋祐次個展「TIME」

会期:2024年5月8日(水)→14日(火)(最終日は午後4時閉場)
会場:丸善 仙台アエル店1F イベントスペース

絵本作家としても活躍している稀代のストーリーテラー、高橋祐次。今回のテーマは「時間」。
この普遍的なテーマをどのように描くのか、とても楽しみです。
皆様のお越しをお持ちしております。

PROFILE
■2018年 東京藝術大学大学院デザイン専攻修了、修了制作 藝大デザインN賞
■2022年 『ずぼっ じー』(講談社)刊行
■2022年 ボローニャ国際絵本原画展 入選
■2024年 金丸悠児・高橋祐次二人展「悠祐白書」(八犬堂ギャラリー / 京橋


..................................................................................................................

★いい芽ふくら芽受賞者展

会期:2024年5月8日(水)→14日(火)(最終日は午後4時閉場)
会場:松坂屋静岡店 北館 2階 アート&ラグジュアリーサロン Blanc CUBE

本展は、2022年7月に開催されたヤングアーティスト公募展「いい芽ふくら芽 in SHIZUOKA」
におきまして優秀賞を獲得した周逸喬、中村勇太(※中村勇太はオーディエンス賞も受賞)と
ギャラリー賞を獲得した出口結莉によるグループ展です。
三者三様の個性溢れる作品の数々をどうぞお楽しみください。

参加作家

■周逸喬
1995年 中国生まれ。京都市立芸術大学院 漆工博士課程 卒業
2022年 「第64回 新協美術展」新人賞

■出口結莉
1991年 静岡県生まれ。2018年 茨城県立笠間陶芸大学校 卒業
2022年 第56回女流陶芸公募展 入選

■中村勇太
1992年 静岡県生まれ。京都市立芸術大学美術学部美術科日本画専攻 卒業
2023年 個展(松坂屋上野店)


..................................................................................................................

★佐藤T 個展 ―鼓動―

会期:2024年5月4日(土)→5月11日(土)11時〜19時(月曜休)最終日は18時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

「もうしばらく前から私にはからだが無い。真っ暗な瞳に映った潮風と何処までも続く海岸の鮮やかさ。
耳にあてた貝殻の乾いた波音みたいに」(佐藤T)
八犬堂ギャラリーでは三回目となる個展、様々な感情や空気が混然とした状態を作品として昇華させる
彼女の作品をどうぞお楽しみください。


■PROFILE
北海道出身 武蔵野美術大学 造形学部油絵学科 版画専攻 卒業

2019年 見参2019(新宿/新宿パークタワー)
銀座MOGA(銀座/柴田悦子画廊)
2021年 個展 佐藤T作品展(八犬堂ギャラリー/池尻大橋)
2023年 7人の心臓展(小樽/ウイングベイ小樽)
個展 窓の外(八犬堂ギャラリー/京橋)


5月3日(金)正午からkonoyo.netにて予約申込みをスタート。
事前に複数お申込みのあった作品のみ抽選とさせていただきます。
※お申し込みのなかった作品は4日(土)11時より通常販売いたします。
※会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★女子美術REUNION

会期:2024年5月1日[水]→7日[火]※最終日は16時閉場
会場:松坂屋上野店7階 美術画廊

専攻、学年の垣根を超えて集まった26名の女子美生のOGまたは在学生によるグループ展。
私立美術学校のなかで最も長い歴史をもち、多くの芸術家とクリエーターを輩出する伝統校で
ある女子美術大学。本展は、女子美術大学と女子美術短期大学のOGと在学生によるグループ展です。
昨年に引き続き、専攻や年齢の垣根を超え、更に新たなステージへ立つべく集まった
作家たちの作品をどうぞお楽しみください。

■参加作家
藍 / 有坂はるな / 岩野雅代 / 海老名里楠子 / 王 睿 / 王詩晴 / 刑部真由 / 亀下渚 / 黒木晃子
佐久間露涓 / 七 / 清水レイ / 丁子紅子 / Dmk / 中沢梓 / 中嶋彩乃 / 中島彩 / 二階屋沙織
西川果歩 / NISHINO HARUKA / 春木彩香 / 松尾成美 / 山内奈津美 / やまださちこ
油井綾子 / 湯口絵美子(50音順)


..................................................................................................................

★高橋祐次個展「小さい絵展」

会期:2024年4月28日(日)→5月5日(金)11時〜19時(月曜休)最終日は17時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

次々と新しいアイデアを作品に昇華させる稀代のストーリーテラー画家、高橋祐次。
本個展では、大きなサイズの作品、そしてその大作の中に存在するたくさんのモチーフを小作品
として制作しました。大きな作品から小さな作品が次々に飛び出してくるようなイメージを
思い浮べていただければと思います。是非会場までお越しください。


■PROFILE
東京藝術大学大学院修士課程デザイン専攻修了
2023年 個展(松坂屋名古屋店)
2024年 金丸悠児・高橋祐次二人展「悠祐白書」(八犬堂ギャラリー / 京橋)

4月27日(土)正午からkonoyo.netにて予約申込みをスタート。
事前に複数お申込みのあった作品のみ抽選とさせていただきます。(予約申し込みは28日10時まで)
※お申し込みのなかった作品は28日(日)11時より通常販売いたします。
※会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★李倩(リセイ) 個展―炎の歌―

会期:2024年4月20日(土)→4月27日(土)11時〜19時(月曜休)最終日は17時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

聴診器で人体の音を聴き、その音からインスピレーションを受けてアクリル絵具、漆を用いて
制作するというオリジナリティ溢れる方法で人物や動物を描く作家、李倩。八犬堂ギャラリーでは
昨年に続き2回目の個展となります。


■李倩(リセイ) PROFILE
1986年、中国北京生まれ
東京藝術大学大学院美術研究科修士課程デザイン専攻修了
2022年、個展(松坂屋上野店)
2023年、個展(八犬堂ギャラリー/京橋)

4月19日(金)正午からkonoyo.netにて予約申込みをスタート。
事前に複数お申込みのあった作品のみ抽選とさせていただきます。
※お申し込みのなかった作品は20日(土)11時より通常販売いたします。
※会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★増田由菜・YuDai 二人展 -愛しのアニマル-

会期:2024年4月18日(木)→5月1日(水)〈最終日は午後3時閉場〉
会場:京王百貨店 新宿店6階 アートスクエア

生活していく中で出会い、記憶の中に残っている動物たちを描く増田由菜。
自分が生きる力を与えてくれた動物たちを描くYuDai。
理由は違えど、動物への強い思いが彼らの筆を動かします。
ぜひ会場までお越しください。


..................................................................................................................

★どうぶつ展

会期:2024年4月17日(水)〜4月23日(火)[最終日午後5時終了]
会場:伊勢丹浦和店 6階 ザ・ステージ#6アート

気鋭の若手作家が、日本画、洋画、版画、立体さまざまな技法とスタイルで動物を描きます。
かわいい、美しい、気高い、さまざまな動物の姿をお楽しみください。

■参加作家
青山健一 / アンドウトシキ / 井下彩乃 / 内田まる / 小島千明 / 塩田千種 / 西川紀絵
日向夏 / 松下大一 / 山崎和樹 / ゆりもげら / 横橋成子(50音順)


..................................................................................................................

★お部屋に窓を飾りましょう展

会期:2024年4月17日(水)〜4月23日(火)〔各日午後7時終了/最終日午後5時終了〕
会場:伊勢丹浦和店 6階 美術サロン

お部屋にまるで窓が増えたかのようになるコンセプトで描いた作品を展示いたします。
表現する技法も解釈もさまざま。ぜひお楽しみください。

■参加作家
Arisa.TN / いそざきなな / 内田亘 / 葛西明子 / 木須葵悠 / 久保田理世
小林望美 / 今野樹里恵 / 小夜子 / 柴トラ夏子 / 杉野 郁 / たかすぎるな。
高橋梓 / 田代ゆかり / 寺野葉 / 中島淳志 / 長P萬純 / 中村勇太 / 林和輝
ヒカリタケウチ / 平薮健 / 星野明日香 / 八澤季実 / ゆりもげら / 吉垣光(50音順)


..................................................................................................................

★松下大一個展 ―PARALLEL PARADISE―

会期:2024年4月6日(土)→4月13日(土)11時〜19時(月曜休)最終日は18時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

日本画、版画をはじめとする様々な技法で、鳥類(特にフクロウ!)をメインモチーフとする作家、松下大一。
八犬堂ギャラリーでは8年ぶりとなる個展のテーマは「並行世界の楽園」。
鳥類など動物たちが繁栄する楽園の様子を、覗き見るような感覚でご覧ください。


■松下大一 PROFILE
1990年 愛知県生まれ
2014年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
2016年 東京藝術大学大学院(修士課程)美術研究科絵画専攻版画第1研究室修了
2021年 日本橋三越春の美術特選会(日本橋三越)
2023年 個展(松坂屋名古屋店)

4月5日(金)正午からkonoyo.netにて予約申込みをスタート。
事前に複数お申込みのあった作品のみ抽選とさせていただきます。
※お申し込みのなかった作品は6日(土)11時より通常販売いたします。
※会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★アートフェア2024万国美術博覧会へようこそ!-龍のいるアニマルパーク-

会期:2024年4月11日(木)〜4月16日(火)]
会場:東武池袋店 8F 催事場 午前10時-午後7時 動物の館

東武百貨店 池袋店が、「アートフェア2024万国美術博覧会へようこそ!」を開催いたします。
会場は博覧会さながらの賑やかさ、いろいろなジャンルのパビリオンが用意されています。
その中で弊社八犬堂は「動物の館」を開きます。弊社の素敵な作家たちが描く動物に会いに来てください。

■参加作家
井下 彩乃 / 大沢 愛 Mana Osawa / 大森 勇人 / 亀下 渚 / 北奥 美帆 / 北嶋 勇佑 / 木下 武
珠羽 / 杉山 有沙 / たかすぎるな。 / 高橋 祐次 / 玉川 麻衣 / 中島 淳志 / 中村 勇太
ヒカリタケウチ / 間瀬 由加里 / 山崎 和樹 / 山崎 有美 / 山本 真矢(50音順)


..................................................................................................................

★―美を創りし者 東より来たる― ART FROM EAST

会期:2024年4月4日(木)〜4月10日(水)[最終日午後5時終了]
会場:東武池袋店 6F 1番地 アートギャラリー

東武百貨店 池袋店から、新たな「美」を創る期待の若手作家を発信いたします。
日本画、洋画、版画、工芸、様々な技法とスタイルをもつ10名の作家の作品をお楽しみください。

■参加作家
中沢梓 / 木下武 / ヒカリタケウチ / 北嶋勇佑 / 中村勇太
高津ゆい / 日向夏 / 塩田千種 / ヒョーゴコーイチ / 香月祐美 (順不同)


..................................................................................................................

★沖 綾乃・大島 利佳 2人展 「O?O」

会期:2024年4月4日(木)〜10日(水)10:30〜20:30 ※最終日は18:00閉場]
会場:Artglorieux GALLERY OF TOKYO(GINZA SIX 5階)

緊張感のある線で、モチーフの本質をわしづかみにするような迫力のあるタッチで人物を描く沖 綾乃。
繊細かつ緻密な描写で、装飾的なモチーフと共に愛らしい人物を描く大島 利佳。
人物を描くという共通項を持ちながら互いに異なるスタイルを持った作家による2人展です。
本展では、お互いが気に入って使用しているモチーフやモデルを共有、
交換しあって描くという作品も出品されます。

■沖 綾乃 Profile
1994年 栃木県生まれ
武蔵野美術大学 日本画科 卒業
2023年 沖 綾乃・下重ななみ 2人展(Artglorieux/銀座)
2023年 個展(八犬堂ギャラリー/京橋)

■大島 利佳 Profile
1995年 埼玉県生まれ
東京藝術大学大学院デザイン科第8研究室 Draw 修了
2021年 個展(Artglorieux/銀座)
2023年 個展(CAMOUFLAGE GALLERY/南青山)


..................................................................................................................

★−隣の輪郭線− MARINAsoloexhibition

会期:2024年4月3日(水)〜4月9日(火)[最終日午後5時終了]
会場:伊勢丹浦和店 6階 美術サロン 画廊B

さまざまなキャラクターやモチーフを描くMARINAさん。
各々のキャラクターたちは画面上でとても自然に存在していて、隣にいても気づかないかもしれません。
そんなさりげなく存在する隣人(他者)と自分との共通点や違いを知ることで、
新たな発見と共に作品が生まれます。伊勢丹浦和店では初の個展となります。
皆さまのお越しをお待ちしております。

■MARINA Profile
1996年 滋賀県生まれ。滋賀学園高校普通科卒業
2020年 ONE ART TAIPEI(台湾)
2022年 いい芽ふくら芽 in NAGOYA2(松坂屋名古屋店)グランプリ獲得
2022年 個展(松坂屋上野店)
2023年 個展(松坂屋名古屋店)


..................................................................................................................

★北嶋勇佑 ニヒルに笑う 個展

会期:2024年4月3日(水)〜4月9日(火)〔最終日午後5時終了〕
会場:伊勢丹浦和店 6階 美術サロン 画廊A

木版画と1点刷り版画をミックスした独自技法「木版モノタイプ」で摺りあげる作品はカラフルでポップ。
生き物の持つ静(怖さ)、動(生命力)に注目して描かれた作品は突出した強烈なインパクトを与えます。
伊勢丹浦和店で4年ぶりとなる本展では、ユーモラスな表情あふれる動物たち、20点余を発表いたします。

■北嶋勇佑 Profile
◆ 1989年 東京都生まれ
◆ 2014年 武蔵野美術大学大学院 版画コース 修了
◆ 2020年 個展 サマーガーデン(伊勢丹浦和店)
◆ 2023年 個展 (養清堂画廊)
◆ 2023年 個展 ぎんのもり(八犬堂ギャラリー)
◆ 日本版画協会準会員


..................................................................................................................

★今津奈鶴子個展 ―ちいさな苔の森―

会期:2024年3月24日(日)→3月31日(日)11時〜19時(月曜休)最終日は18時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

今津奈鶴子氏に八犬堂の展示に初めて出品いただいたのは2012年のことです。
ひたむきに作家としてクオリティの高い作品を生み続け、やがて『苔』という運命的なモチーフに出会い、
彼女の作品は俄然と光り輝きだしました。 高い画力と本来持ち合わせている創造性が、
見事なバランスで融合した瞬間でした。 八犬堂では初の個展開催となります。
今回は額装を外し、より近くで本当の苔を観察するようにじっくり作品をご覧いただける展示となります。
ぜひ皆さまのお越しをお待ちしております。


■今津奈鶴子 PROFILE
1984年生まれ / 福岡県出身
武蔵野美術大学大学院美術専攻油絵コース修了
●受賞歴
世界堂絵画大賞展 協賛社賞(2006年〜2012年)
武蔵野美術大学修了制作 研究室賞(2009年)
第29回上野の森美術大賞展 入選(2011年)
●展示歴
2008 招待「昭和会展」(日動画廊/銀座)(以降2009年)
2009 第18回「奨学生美術展」(佐藤美術館/新宿)
2013 個展「レスポワール展」(スルガ台画廊/銀座)
2014 アートのチカラ(伊勢丹新宿店)(以降毎年)/個展 (銀座三越)
2016 個展(西武池袋)
2018 個展(日本橋三越)
2019-2023 個展(東武池袋)
●書籍
福音館書店「かがくのとも」「こけをみつけたよ」出版
「手軽につくれる贈って楽しむ 旧暦・季節の花水彩スケッチ」出版
福音館書店「かがくのとも」「ほたるのひかりかた」出版
小学館「図鑑NEO きのこ」巻頭扉絵担当

3月23日(土)正午からkonoyo.netにて予約申込みをスタート。
事前に複数お申込みのあった作品のみ抽選とさせていただきます。
※お申し込みのなかった作品は24日(日)11時より通常販売いたします。
※会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★ーケセラセラー YuDai個展

会期:2024年3月20日(水・祝)〜3月26日(火)〔最終日午後5時終了〕
会場:伊勢丹浦和店 6階 ザ・ステージ#6アート

スポーツ少年だったYudaiさんが、突然絵を描き始めたのは部活中に大怪我を負ったことがきっかけです。
夢中になって制作する際にモチーフとして選んだのは動物でした。
懸命に生きる彼らの姿から大きなエネルギーを感じ、動物の生命力と荒々しさが感じられるような作品を
日々描いています。伊勢丹浦和店では初の個展となります。

■Yudai Profile
1999年 愛知県生まれ
2022年 Artglorieux Selection(Artglorieux/GINZA SIX)
2023年 個展(THE KANZASHI TOKYO ASAKUSA)
いい芽ふくら芽 in NAGOYA(松坂屋名古屋店)オーディエンス賞受賞
個展(豊橋総合動植物公園)


..................................................................................................................

★いそざき なな 個展 “雨後の花鏡”

会期:2024年3月16日(土)→3月23日(土)11時〜19時(月曜休)最終日は18時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

日々の何気ない出来事や風景も、いそざきなな氏が描くと「永遠に優しい空間」へと変わります。
風光明媚な土地で新生活を始めた、いそざき氏が織りなす心温まる世界をお楽しみ下さい。


■PROFILE
1993年 東京生まれ。 2016年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。
2017年 見参八犬堂賞受賞。
2020年 個展(伊勢丹浦和店)他多数。
2021年 個展(八犬堂/以後毎年)倉阪鬼一郎著『お江戸甘味処 谷中はつねや』(幻冬舎)シリーズ、等 装丁画多数。)

3月15日(金)正午からkonoyo.netにて予約申込みをスタート。
事前に複数お申込みのあった作品のみ抽選とさせていただきます。
※お申し込みのなかった作品は16日(土)11時より通常販売いたします。
※会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★−きおくのどうぶつたち− 増田由菜個展

会期:2024年3月13日(水)〜3月19日(火)[最終日午後5時終了]
会場:伊勢丹浦和店 6階 ザ・ステージ#6アート

自身の生活の中で出会ってきた愛しい動物たち。
その時に生まれた感情を記憶として永遠に残したいという思いから制作をする増田由菜さん。
伊勢丹浦和店では初の個展となります。大胆なタッチと鮮やかな色彩でえがかれた
「きおくのどうぶつたち」をぜひご覧ください。


■増田由菜 Profile
1998年 大分県生まれ。2022年、KENZAN2022(東京芸術劇場)
2023年 九州産業大学大学院芸術研究科絵画専攻卒業。2023年、個展(小倉井筒屋)
2023年 いい芽ふくら芽 in FUKUOKA(大丸福岡天神店)八犬堂賞。


..................................................................................................................

★一粒万倍日×天赦日×虎の日 イセタン モノ初めの好日 2024 ■「わたしの小さな宝物」展

会期:2024年3月13日(水)~3月18日(月)最終日は18時閉場
会場:伊勢丹新宿店 本館6階 アートギャラリー内 応接室

モノを使い始めるのに適した日と言われている「一粒万倍日」。
そんな日に素敵なアートはいかがでしょうか?
皆さまの身の回りに気軽に飾っていただける小さなアート作品を紹介いたします。
ぜひこの機会にお立ち寄りください。


■出品作家
藤村栞/桑野美紗/北嶋勇佑/真鍋由伽子/新井あかね/フジイカクホ/寺野葉/長P萬純


..................................................................................................................

★北奥美帆個展 -動物椅子舎-

会期:2024年3月2日(土)→3月9日(土)11時〜19時(月曜休)最終日は18時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

愛らしくてスマートで、「家具」だけど「アート」な作品を卓越したセンスと高い技術力で
制作する北奥美帆氏。八犬堂ギャラリーでは待望の個展です。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


■PROFILE
1989年 大阪府生まれ、三重県育ち。
2013年 東京藝術大学デザイン科卒業。
2017年 高岡クラフトコンペ グランプリ受賞。
2019年 いい芽ふくら芽(松坂屋名古屋店)。
2023年 アートのチカラ(伊勢丹新宿店/以後’24)

3月1日(金)正午からkonoyo.netにて予約申込みをスタート。
事前に複数お申込みのあった作品のみ抽選とさせていただきます。
※お申し込みのなかった作品は2日(土)11時より通常販売いたします。
※会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★川合香鈴個展 −こころも踊る−

会期:2024年2月21日(水)〜27日(火)最終日は16時閉場
会場:松坂屋上野店7階 アートスペースT&U

自分の制作した作品との出会いで、皆様の心がほんの少しでも動き
、思い出に残りますようにと強く願う作家、川合香鈴。 松坂屋上野店では初となる個展では、彫刻作品、ドローイングを展示いたします。
皆様のお越しをお待ちしております。


■川合 香鈴 PROFILE
●1994年 東京都生まれ
●東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻
●2019年 桃源郷芸術祭2019滞在制作(北茨城市)/ いい芽ふくら芽2019(松坂屋名古屋店)
●2020年 浅春の賦(東京九段 耀 画廊/半蔵門) / 上野松坂屋動物園展(松坂屋上野店)
KENZAN2020(東京芸術劇場/池袋)


..................................................................................................................

★ヤングアーティスト公募展 “いい芽ふくら芽”in TOKYO2024

会期:2024年2月14日(水)〜20日(火)最終日は16時閉場
会場:松坂屋上野店7階美術画廊&アートギャラリー

可能性を秘めた若手作家をいち早くみいだし、その才能が開花することを美術ファンと共に応援するべく2018年よりスタートした
、 ヤングアーティスト公募展「いい芽ふくら芽」。 本展では、関東圏(茨城県・神奈川県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・栃木県)在住
及びゆかりのある40歳未満の作家たちを対象に募集、365名のエントリーから25名の作家が入選いたしました。
各賞の最終審査と同時に販売も行い、皆様の投票で決定するオーディエンス賞もございます。
パワーと可能性溢れる作品の数々をぜひお楽しみください。

■出品作家
安部 正兼 / あべねい / 安藤 光 / 池田 はるか / 大沢 愛 / おおつきゆき / 大森 勇人
笠原 菜々子 / カトウ / Kalua / キタダタキ / 竹田 佳瑶 / 竹野 優美 / Tomohiko Kozuka
西川 紀絵 / のぐちあやの / 原口 智聖 / ヒカリタケウチ / 松尾 成美 / mayu
ヤグチユイナ / 柳澤 樹 / 横橋 成子 / RYOSUKE / 渡辺 晟太


..................................................................................................................

★気になる中身展

会期:2024年2月14日(水)〜20日(火)最終日は16時閉場
会場:西武池袋本店6階(中央B7)=アートスペース

誰しもが物事の中身、人間の内面や秘密をのぞいてみたい、という願望があるのではないでしょうか?
本展では、気鋭の若手作家18名が、そんな気になる「中身」をテーマに描きます。

■出品作家
Arisa.TN / 池口友理 / 石橋 美香 / いわさきありえ / 岡本 博紀 / 片岡 真梨奈 鴨奥 美帆 / 鯉江 桃子 / 小夜子 / シバタマミ / たかすぎるな。 / 高橋 祐次 / はかりのうえ
林 和輝 / 春木 彩香 / #B7282e / 藤原 宇希子 / 吉田紋 (五十音順)(50音順)


..................................................................................................................

★金丸悠児・高橋祐次 二人展 -悠祐白書-(ゆうゆうはくしょ)

会期:2024年2月17日(土)→2月24日(土)11時〜19時(月曜休)最終日は18時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

世代は違えど、人間としてアーティストとして重要な部分で共鳴しあう二人の作家が、
全作品コラボの二人展を開催いたします。
「悠+祐=∞」無限に楽しい二人の世界をどうぞお楽しみください。


■金丸 悠児
1978年 神奈川県生まれ
東京藝術大学大学院修士課程デザイン専攻 修了
2021年 個展(おぶせミュージアム・中島千波館)
2023年 金丸悠児+高岡香苗展(神戸大丸)
2023年 個展(仙台三越)

■高橋 祐次
1993年 愛知県生まれ
東京藝術大学大学院修士課程デザイン専攻 修了
2023年 個展(Artglorieux of TOKYO/GINZA SIX)
絵本「ずぼっ じー」(講談社)
絵本「ひゃくえんだま どこへゆく?」(福音館書店)


2月16日(金)正午からkonoyo.netにて公開。
抽選終了:17日(土)10時。
抽選結果は2/17(土)22時までにお知らせいたします。
※お申し込みのなかった作品は17日(土)11時より通常販売いたします。
※会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★KOWAII vol.XIV

2024年2月12日(月・祝)-24日(土)※18日(日)のみ閉場、最終日は午後4時閉場
新井画廊
104-0061 東京都中央区銀座 7-10-8 第5太陽ビル1F
東京メトロ銀座線A3出口より徒歩5分



私たちが「KOWAI」と呼ぶ恐怖の感覚は、あなたの感情の中に静かに忍び込むだけではなく、
恐怖に何らかの要素が加わることで常に何かに変化するのかもしれません。
こわいとかわいい、こわいと美しさ、こわいと楽しい、こわいと本物のこわい。
そこで、本展を「KOWAII EXHIBITION」と名付けています。
今期のKOWAIIアート作品を楽しんでいただければ幸いです。
今回は特製ステッカーをお作りしてお待ちしてますよ。なくなり次第終了ですのでお早めに。

<出品作家>
石橋 美香 / 内田 まる / 内田 亘 / 江川 史織 / 小林夏奈子 / 小夜子 / 清水 レイ
杉野 郁 / 高橋 祐次 / 玉川 麻衣 / 寺野 葉 / NISHINO HARUKA / 林 和輝 / #B7282e
前田 彩華 / むらまつちひろ / 森田洋美 / 柳田 真理 / 山下 千里 /吉垣 光
吉田 紋 / 渡邊 綾乃


会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します
※作品の事前お問合わせを複数いただいた場合、抽選とさせていただきます。

..................................................................................................................

★-根の先の邂逅- 長P 萬純・haruhi二人展

会期:2024年2月3日(日)→2月10日(土)11時〜19時(月曜休)最終日は18時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

神聖なものや畏怖の対象になるもの、それに向けられる念、或いはそれに関わる儀式的なものに心惹かれ、
異なる技法ながら近しいコンセプトを持つ二人。互いのリスペクトが高まり、
この度二人展を開催することとなりました。
二人にしか創ることのない非現実世界の扉を開けに、是非会場までお越しください。


■長P 萬純
東京藝術大学 大学院 美術研究科デザイン専攻 修了
1991年 神奈川県生まれ
2019年 いい芽ふくら芽(松坂屋名古屋店)グランプリ
2022年 個展(八犬堂/京橋) ■haruhi
成安造形大学 日本画コース 中退
1984年 兵庫県生まれ
2022年 いい芽ふくら芽 in KYOTO(大丸京都店)グランプリ
2023年 四美神(八犬堂/京橋)


2月2日(金)正午からkonoyo.netにて公開。
※事前に複数お申込みのあった作品のみ抽選とさせていただきます。
抽選結果は2/3(土)22時までにお知らせいたします。
※会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★My Little Secret

会期:2月7日(水)〜13日(火)最終日は16時閉場
会場:西武池袋本店6階(中央B7)=アートスペース

誰でも持っているであろう自分だけの「ちいさな秘密」。本展では、気鋭の若手作家たちが、
「My Little Secret=わたしだけの秘密」をテーマに描きます。
思わず知りたくなってしまう「秘密」の数々をどうぞお楽しみください。

■出品作家
アンドウトシキ / いそざき なな / 内田早紀 / 内田 恵 / 内田 亘 / 江川史織 / 鴨奥美帆
koromi / 七 / 柴トラ夏子 / 杉野 郁 / 椿あぐり / 中村勇太 / ヒカリタケウチ / 藤田まりこ
間野涼子 / 木曜日 / ゆりもげら / 吉垣光 (50音順)


..................................................................................................................

★北嶋勇佑個展 POWER of ANIMALS

会期:2月7日(水)〜13日(火)最終日は16時閉場
会場:松坂屋名古屋店 本館8階 アンテナプラス・アート

木版画とモノタイプ(1点刷り版画)技法をミックスして作り上げる作品はカラフルでポップ。
生き物の持つ静(怖さ)、動(生命力)に注目して描かれた強烈なインパクトは突出しています。
松坂屋名古屋店では2年ぶりとなる本展では、目の覚めるような色彩の動物たち、
20点余を発表いたします。この機会に是非ご高覧ください。

■北嶋勇佑 1989 東京都生まれ
2012 武蔵野美術大学 建築学科 卒業
2014 武蔵野美術大学大学院 版画コース 修了
2016 日本版画協会 第84回版画展 A部門奨励賞
2021 個展「静動」(松坂屋上野店)
2022 個展「静々動々」(松坂屋名古屋店)
2023 個展「北嶋勇佑展」(養清堂画廊/東京)
    個展「ぎんのもり」(八犬堂ギャラリー/東京)
現在 日本版画協会準会員 東京を拠点に活動中


..................................................................................................................

★荒井志帆 個展 -光の結晶-

会期:1月31日(水)〜2月6日(火)〔各日午後7時終了/最終日午後5時終了〕
会場:伊勢丹浦和店 6階 ザ・ステージ#6 アート

紙を切るというスタイルに無限の可能性を感じ、細密かつ豊かな表現への探求を続ける作家、荒井志帆。
彼女の手によって生まれた切り絵はまるで「生命の誕生」を思わせるように幾重にもある豊かな
曲線を持ちながら生き生きとしています。 伊勢丹浦和店では初の個展となります。

■荒井志帆 Profile
◆1986年 宮城県生まれ
◆2009年 東北芸術工科大学/芸術学部/美術科/洋画コース 卒業
◆2020年 The10th International Triennial of Paper入選(Musee de Charmey /スイス)
◆2022年 第83回河北美術展/入選
◆2023年 第60回宮城県芸術祭絵画展(公募の部)/宮城県芸術協会賞(最高賞)
◆2023年 KENZAN2023(東京芸術劇場)オーディエンス賞 第2位


..................................................................................................................

★アニマルアートフェア 上野松坂屋動物園

会期:1月24日(水)〜1月30日(火)
会場:松坂屋上野店 1階 イベントスペース

動物を愛す若手作家たちによるアニマルアートフェア、その名も上野松坂屋動物園。
それぞれが多種多様な技法で好きな動物を表現し、1階北口イベントスペースを彩ります。ぜひお楽しみくだささい。

■出品作家
青山 健一 / アンドウトシキ / いそざき なな / 内田まる / 内田 亘 / 北奥美帆 / 北嶋 勇佑
小島 千明 / 中村勇太 / ヒカリタケウチ / 日向夏 / 間瀬 由加里 / 松下 大一 / 山崎 和樹
山本真矢 / YuDai / ゆりもげら

..................................................................................................................

★吉田 絵美 個展 -希求-

会期:1月24日(水)〜1月30日(火)〔各日午後7時終了/最終日午後5時終了〕
会場:伊勢丹浦和店 6階 美術サロン 画廊B

変化し続ける感情の一瞬一瞬を絵画として表現する画家、吉田絵美氏。
大学時代はガラス工芸を専攻したという彼女ならではの個性的な絵肌も魅力です。
伊勢丹浦和店では二回目の個展となります。皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

■吉田絵美 Profile
1988年 京都府生まれ
近畿大学文芸学部芸術学科ガラス造形芸術コース 卒業
2020年 「ZERO展」大賞受賞(大阪市立美術館)
2021年 「近代日本美術協会展」 内閣総理大臣賞受賞
2022年 個展(伊勢丹浦和店)
2023年 アートアートアート(松坂屋名古屋店)

..................................................................................................................

★ヒカリタケウチ ドローイング展 -融解する境界-

会期:2024年1月21日(日)→1月28日(日)11時〜19時(月曜休)最終日は18時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

曖昧な世界の中で我々はまわりのあらゆるものを自分なりに判断して生きる。
したがって一つの事象に対しても多様な印象を抱くものです。それが曖昧なものであればなおさらです。
ヒカリタケウチが描くドローイングは、ご覧いただく方々に様々な印象をもってもらうよう、
情報量をそぎ落とし、敢えてシンプルな線を用いて余白をつくり、ゆらぎやブレを残します。
それはまさにこの曖昧な世界を表現するかのようです。
八犬堂ギャラリーでは一昨年に続き二度目となる個展となります。
彼女の描くドローイングの世界をどうぞお楽しみください。

■略歴
◇1990年 東京都生まれ
◇2016年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
◇2021年 KENZAN2021 八犬堂ギャラリー賞。 いい芽ふくら芽 in Nagoya 入賞 ギャラリーIDF賞
◇2022年 いい芽ふくら芽 in Tokyo 入賞 優秀賞。 個展(八犬堂)


1月20日(土)正午からkonoyo.netにて公開。
※事前に複数お申込みのあった作品のみ抽選とさせていただきます。
抽選結果は1/21(日)22時までにお知らせいたします。
※会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★ぽっつんと展

会期:2024年1月13日(土)→1月20日(土)11時〜19時(月曜休)最終日は16時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

大胆につくられた大きな余白に、ぽっつんと描かれたモチーフ。
作品画面上の視覚的情報を最小限にすることによって、私たちにさまざな想像を喚起させ、
その空間に入り込むことができます。
モノと情報に溢れるこの世界とは無縁の空間を八犬堂ギャラリーにつくります。
是非お立ち寄りください。

■参加作家
秋山早紀 / 新井あかね / 池口友理 / いそざきなな / 内田 亘 / 江川史織 岡本博紀 / 片岡真梨奈 / 志賀龍太 / 関根貴之 / 高橋 梓 / 高橋祐次 / 田嶋 春 西山沙希/ 藤田まりこ / 間瀬由加里 / 真鍋由伽子 / 間野涼子 / 木曜日〈50音順〉


1月12日(金)正午からkonoyo.netにて公開。
※事前に複数お申込みのあった作品のみ抽選とさせていただきます。
抽選結果は1/13(土)22時までにお知らせいたします。
※会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★高橋祐次個展 -陸と海-

会期:1月10日(水)ー16日(火)(最終日16:00閉場)(火)
会場:松坂屋静岡店 北館2階 アート&ラグジュアリーサロン Blanc CUBE

とめどなく溢れるアイデアをもとに、様々な技法を駆使して作品として生み出す
稀代のストーリーテラー画家、高橋祐次。細かな木片のパーツを組み上げて作り上げられた
幾何学でありながら温かみのある作品は、「絵画」の枠を超えた新しいジャンルのアートと言えるでしょう。
本個展では陸と海をテーマに、彼らしい幾何学的でありながらあたたかい世界をどうぞお楽しみください。

PROFILE
■東京藝術大学大学院デザイン専攻修了
■2022年 ボローニャ国際絵本原画展 入選
■2023年 個展「〇〇る家」(松坂屋静岡店)
■2023年 個展「strange voyage」(Artglorieux GALLERY OF TOKYO / 銀座)
■絵本『山びこくん』(文芸社)、『ずぼっ じー』(講談社)


..................................................................................................................

★新春を寿ぐ 若手アーティストのWA 2024アートのチカラ

会期:2023年12月27日[水]〜2024年1月9日[火][最終日午後6時終了]
会場:伊勢丹新宿店 本館6階 アートギャラリー

2024年の年初めを、約60名の若手作家が彩ります。平面、立体作品約200点に加え、
人気の絵馬コーナーや新年の干支である「辰」コーナー、更には「一粒万倍日」をテーマにした作品もございます。
また33,000円以上お買いあげの先着150名さまには、ポチ袋(5枚組)*を差しあげます。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。 *ポチ袋は、アートギャラリーのインスタグラムをフォロー、
またはメールマガジンをご登録いただいた方にもランダムで1枚差しあげます。会場にて販売もいたします。

■出品予定作家
アンドウトシキ / 飯沼由貴 / 池口友理 / 石橋美香 / いそざきなな / 今津奈鶴子
上渕翔 / 内田恵 / 内田亘 / 江上秋花 / ema kawanago / 大沢愛 Mana Osawa /
大島利佳 / 片岡真梨奈 / 鴨奥美帆 / 菊池鮎子 / 木須葵悠 / 北奥美帆 北嶋勇佑 / 木下武 /
久保亜紀子 / 黒木美都子 / 桑野美紗 / 鯉江桃子 / 小林範之 / koromi / 坂本左衛門 /
佐久間露涓 / 佐々木茜 / 佐藤T / 下重ななみ / 珠羽 / 杉野郁 / 平良志季 / 久梓 / たかすぎるな。
高津ゆい / 高橋祐次 / 玉川麻衣 / 寺倉京古 / 寺野葉 / 中島淳志 / 長P萬純 / 中園ゆう子
中村勇太 / 西瓜みい / ネイネイ / 林和輝 / 春木彩香 / 日向夏 / フジイカクホ / 藤村栞
細井世思子 / 増田由菜 / 間瀬由加里 / 水口麟太郎 / むらまつちひろ / 森田洋美 / 吉田紋 (50音順)

..................................................................................................................

★杉野 郁 個展 -どこかの街の、いつかを-

会期:2023年12月16日(土)→12月23日(土)11時〜19時(月曜休)最終日は18時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

「記憶を手繰るように追うように…」
どこかの誰かの、遠いようなすぐ隣にあるような街の日常の備忘録。
小さな、でも留めておきたい【記憶と記録】を紡いで、語り尽くせない物語を作品にしました。(杉野郁)
2023年大トリの展示です。ぜひお楽しみください。

作品ご購入のお客様に進呈させていただきます。
『杉野郁2024年カレンダー』壁掛け展開時A4 /全16頁
会場では販売もいたします。

■略歴
三重県出身
武蔵野美術大学油絵学科卒業
2018年 KENZAN 新人賞・オーディエンス賞。 2021年 個展(八犬堂)
東京、三重のギャラリー、百貨店を中心に活動中。


12月15日(金)正午からkonoyo.netにて公開。
※事前に複数お申込みのあった作品のみ抽選とさせていただきます。
抽選結果は12/16(土)22時までにお知らせいたします。
※会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★中島淳志個展〜古代への情熱〜

会期:2023年12月20日(水) → 26日(火)※最終日は16時閉場
会場:松坂屋上野店 7階 アートギャラリー

古代ギリシア・ローマ文明に触れて以降、その文化、芸術、自然、遺跡に常に魅了され、
水墨画で表現しています。個展のサブタイトルである「古代への情熱」は偉大な先人達に
対する敬意、そして私の変わらぬ意志を最もよく表す言葉です。ぜひご高覧いただけると幸いです。

■略歴
1993年 愛知県生まれ
2016年 東京藝術大学卒業制作展東京メトロ文化財団賞
2019年 月刊美術新人賞デビュー 入選
2020年 いい芽ふくら芽入選(松坂屋名古屋店)
2021年 個展(松坂屋上野店) / IAG AWARDS入選(東京芸術劇場)
いい芽ふくら芽 in NAGOYA入選 優秀賞(松坂屋名古屋店)

..................................................................................................................

★亀下渚・木下武 二人展 -The Origins-

会期:2023年12月14日(木)〜20日(水) 10:30〜20:30 *最終日は18時閉場
会場:Artglorieux GALLERY OF TOKYO(GINZA SIX 5F)

伝統の染色技法を応用して生み出した独自の染色技法で、細い筆や刷毛を用いて狼や動植物を描く亀下渚。
日本画画材である岩絵具を何層にも塗り重ねた後に、ヤスリで表面を削ることにより
新しい質感を生みだし、生物や自然が蓄えてきた“強さ”を描く木下武。
この度、亀下渚と木下武による二人展を開催いたします。
両者ともに唯一無二の技法で動物が本来持っている美しさ、気高さを見事に表現しています。
本展では二人の作家によるコラボ作品も展示いたします。どうぞ、ごゆっくりとお楽しみくださいませ。

■亀下渚
1991年 東京都生まれ
女子美術大学短期大学部創造デザインコーステキスタイル専攻科研究生修了
2021年 個展(Gallery花影抄/根津)
2022年 いい芽ふくら芽inSAPPORO(大丸札幌店)優秀賞、GINZASIXアールグロリュー賞
アートコレクターズ賞、オーディエンス賞
2022年 個展(八犬堂/京橋)
■木下武
1991年 福岡県生まれ
東京藝術大学日本画専攻卒業
2017年 個展(小倉井筒屋)
2021年 恐竜展(伊勢丹浦和店)
2022年 再興第107回院展(東京都美術館)入選
2022年 個展(松坂屋上野店)

..................................................................................................................

★ヤングアーティスト公募展“いい芽ふくら芽”in FUKUOKA

会期:2023年12月13日(水) → 19日(火)※最終日は16時閉場
会場:大丸福岡天神店 本館6階アートギャラリー

2018年より大丸松坂屋グループと八犬堂共催でスタートしたヤングアーティスト公募展「いい芽ふくら芽」が再び福岡にやってきます。
40歳未満、福岡県・長崎県・佐賀県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・香川県・愛媛県・徳島県・高知県・山口県・広島県・沖縄県に
ゆかりのある作家たち約100名の中から選ばれた15名の作家による展示です。
各賞の最終審査と同時に販売も行い、皆様の投票で決定するオーディエンス賞もございます。
パワーと可能性溢れる作品の数々を是非お楽しみ下さい。

■100名から選ばれた15名の作家たち!
岡本 博紀 / かれん / 木須 葵悠 / 坂井 美里 / 杉村俊介 / 田島 惠美
友田恵梨子 / NANAE / 八田綾子 / 久門裕子 / 増田 由菜 / 御手洗翅?
MOCCHI / 山口知咲 / 和久千文

..................................................................................................................

★井下 彩乃 個展〜幻の国〜

会期:2023年12月6日(水)→12日(火)※最終日は16時閉場
会場:松坂屋上野店 7階 アートスペースT

松坂屋上野店では二回目の個展となります。
テーマは「動物にとっての理想郷」です。
彼らにとっての理想の地は、地球の今いる場所ではないかもしれない、
地球以外の場所かもしれない、もしかしたら現世ではないのかもしれない。
そんな思いを馳せながら、理想である幻の国に暮らす動物や幻獣を描きました。
皆様のお越しをお待ちしております。。

■略歴
1988年 奈良県生まれ。大阪芸術大学 スペースデザイン専攻 卒業
2021年 個展(松坂屋上野店)
2022年 井下彩乃・高津ゆい二人展(Artglorieux OF TOKYO)
2023年 アートアートアート(松坂屋名古屋店)
2023年 個展(大丸札幌店)

..................................................................................................................

★伊藤千恵子 個展 -spark-

会期:2023年12月6日(水)→12日(火)※最終日は16時閉場
会場:松坂屋上野店 7階 アートスペースU

気鋭の作家、伊藤千恵子が描く女性たちは極彩色の着物を纏い、どこか緊張感のある表情で佇んでいます。
そこに女性の強さや媚びない美しさを感じます。松坂屋上野店では初の個展となります。

■略歴
1984年 静岡県生まれ
2006年 京都造形芸術大学 美術工芸科 日本画コース卒業
2021年 四美神(八犬堂/池尻大橋)
2022年 ART!ART!OSAKA(大丸梅田店)
2022年 KENZAN2022(東京芸術劇場)
2023年 FACE and HEADS 2023(みうらじろうギャラリー)

..................................................................................................................

★大沢愛個展 Mana Osawa Solo Exhibition THE RED

会期:2023年12月6日(水)〜12月12日(火)[最終日午後5時終了]
会場:伊勢丹浦和店 6階 ザ・ステージ #6 アート

大沢愛氏の作品はエネルギッシュなモチーフと大胆な色彩感覚が際立ちます。
今回の個展タイトルでもある「THE RED」、赤は人類やほぼ全ての生物の血液の色でもあり、
勝利や祝祭、情熱をも表す古代から愛された縁起の良い色です。
作家は赤という色彩に自らが求めるポジティブな要素を全て込めています。
その世界をぜひ会場でお楽しみください。

■略歴
2000年 神奈川県生まれ
2016年 ターナーアワード2016 優秀賞
2020年 BSフジブレイク前夜 次世代の芸術家たち出演
2021年 いい芽ふくら芽 in Tokyo 2021 優秀賞、 個展(渋谷ヒカリエCUBE8)
2022年 個展(松坂屋上野店)

..................................................................................................................

★CAI QIN個展 -山々の宴-

会期:2023年12月2日(土)→12月9日(土)11時〜19時(月曜休)最終日は18時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

自然をこよなく愛する画家、CAI QIN氏。自然からもらった感動を作品に昇華させることにより、
見ていただく方々とその感動を共有すべく制作しています。
八犬堂では初の個展となります。どうぞCAI QIN氏の描く自然に癒されにお越しください。

■略歴
1994年 中国生まれ
東京藝術大学 美術研究科 デザイン専攻 第8研究室DRAW 博士後期課程 2年
2021年 描画図鑑ー「現vs幻」(佐藤美術館)
2022年 IAG AWARDS 2022(東京芸術劇場)池袋東武美術画廊賞
2023年 いい芽ふくら芽in TOKYO 2023(松坂屋上野店) 優秀賞


11月1日(金)正午からkonoyo.netにて公開。
※事前に複数お申込みのあった作品のみ抽選とさせていただきます。
抽選結果は12/2(土)22時までにお知らせいたします。
※会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★−古代への情熱− 中島淳志個展

会期:2023年11月29日(水)→12月5日(火)※最終日は16時閉場
会場:松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊

1993年 愛知県生まれ。東京藝術大学日本画専攻卒業
2016年 東京藝術大学卒業制作展東京メトロ文化財団賞
2019年 月刊美術新人賞デビュー、入選。 2020年 六六鱗掬月七百景(香川・高松市 栗林公園掬月亭)
いい芽ふくら芽入選(松坂屋名古屋店)
2021年 個展(松坂屋上野店)。IAG AWARDS入選(東京芸術劇場)
いい芽ふくら芽 in NAGOYA入選、優秀賞(松坂屋名古屋店)
2022年 個展(八犬堂ギャラリー/京橋)。

..................................................................................................................

★いつつぼし −交差する視線−

会期:2023年11月29日(水)→12月5日(火)※最終日は16時閉場
会場:松坂屋上野店7階 美術画廊

日本画作家としてキャリアをスタートした5人。その後各々が個性豊かな作家として活躍しています。
30代の若き才能あふれる作品の数々をどうぞお楽しみくださいませ。

■参加作家
いそざきなな / 菊池鮎子 / ヒカリタケウチ / 松下大一 / 和田真理子

..................................................................................................................

★アートゲンダイ

会期:2023年11月29日(水)→12月5日(火)※最終日は16時閉場
会場:松坂屋上野店 7階 アートギャラリー

現代アートとは、「鑑賞者と作者との対話」と言われます。
今を生きる作家達が何を思い、どのような表現方法を模索しながら描いているのか。
さまざまなスタイルと技法で「ゲンダイ」をアートで切り取る作品をぜひお楽しみください。

■参加作家
生ふゆ / 池口友理 / 内田早紀 / 小山翔平 / 片岡真梨奈 / 桑野美紗 / 坂井美里
SAKI OTSUKA / 佐久間露涓 / 水石隼人 / minglelingo (50音順)

..................................................................................................................

★石川幸奈 個展

会期:2023年11月18日(土)→11月26日(日)11時〜19時(月曜休)最終日は18時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

八犬堂では初となる石川幸奈氏の個展を開催いたします。
ひたむきに制作に打ち込む中で、その視点は未来だけではなく過去の自分自身にも向けられています。
過去と向き合うから未来を見つめられる、そんな想いで描かれた作品の数々。
一点一点が彼女にとって愛おしく大切なもので散りばめられています。ぜひ会場にお越しください。

■略歴
1987年 静岡県生まれ
名古屋芸術大学 芸術学部芸術学科 日本画コース 卒業
2021年 美人画づくし3刊行記念展(ぎゃらりい秋華洞/銀座)
2022年 四美神(八犬堂/京橋)
2023年 東美アートフェア(東京美術倶楽部)


11月17日(金)正午からkonoyo.netにて公開。
※事前に複数お申込みのあった作品のみ抽選とさせていただきます。
抽選結果は11/18(土)22時までにお知らせいたします。
※会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★KENZAN2023

会期:2023年11月15日(水)〜11月19日(日)全会期中11:00-19:00
会場:東京芸術劇場 5F Gallery 1&2 / B1F Atelier East&West
東京都豊島区西池袋1-8-1 ? 池袋駅西口より徒歩2 分。駅地下通路2b 出口と直結 ○お問い合わせ contact@konoyo.net 03-6805-6365

今年はベテラン作家から現役学生まで150名超の作家が芸術劇場に見参!!

美術界の次世代を担う作家達が、自らの芸術環境を創造する「見参プロジェクト」。
その一環として年に一回開催される美術展「KENZAN」は、作家を目指すものにとって美術業界への登竜門
となる見参プロジェクトのシンボルイベントです。
前身となる美大生有志によるアンデパンダン展「遊美」から数え17回目の開催となる今回も、各協賛ギャラリー賞の他、 ご来場 者アンケートで人気を得た作家への「オーディエンス賞」の授与など、作家たちにとって大きな チャンスの場となっております。
ぜひ皆さまも、ご来場いただき若き才能の発掘にご参加ください!

■参加作家
愛 / 生ふゆ / 新井あかね / 荒井志帆 / Arisa.TN / 有坂はるな / アンドウトシキ / 安藤光 / 池口友理
池谷貴子 / 石井智菜美 / 石田麻衣 / 伊勢菜々美 / 板倉冴 / いの上さや香 / 今津奈鶴子 / 内田まる
内田恵 / 内田有 / 内田亘 / 梅村誠 / 榮村莉玖 / 絵鳩聖子 / エミ / エルハラール美和 / 大島利佳
大城舞華 / 太田琴乃 / 岡千尋 / 岡本博紀 / 小河彩乃 / 沖綾乃 / 折笠敬昭 / 甲斐みもり / 葛西明子
粕谷凜菜 / 片岡真梨奈 / 片山香帆 / 香月祐美 / 賀東楓 / 河井眞里枝 / カワゐマユラ / 河原佳幸
川村晶吾 / 木白牧 / 北奥美帆 / 北嶋勇佑 / 際恵理 / くまたにたかし / 倉田明佳 / 黒岩まゆ
黒木美都子 / 玄妙 / 河野菜穂子 / 古賀真弥 / 小島千明 / 小林望美 / koromi / 近藤守 / 今野樹里恵
Sai / CAIQIN / SimonTrue / 坂井美里 / 榮睦人 / 坂田樹 / 坂本左衛門 / 阪本奈緒子 / SAKIOTSUKA
佐久間露涓 / 櫻井あや乃 / 佐々木茜 / saya / 小夜子 / 塩田千種 / 七 / 柴田紗奈 / 清水レイ
徐梓淳 / 鈴木琢未 / 鈴木優香 / Spamdog / DAIKI / 久梓 / たかすぎるな。 / 高橋祐次 / 田島惠美
田代ゆかり / 田中七星 / 玉川麻衣 / 千瑛-chie- / 張思甜 / 都築百恵 / 椿あぐり / 東樋口徹
中島淳志 / 中嶋弘樹 / 長P萬純 / 中園ゆう子 / 中野加菜 / 中村那由多 / 中村勇太 / 西川恵
西村沙由里 / 二宮千都子 / のぐちあやの / PAKICO / 萩原樹 / 橋本六久 / 花菱慧 / 原口智聖
春木彩香 / #B7282e / ヒカリタケウチ / 久門裕子 / 日生 / 平松嵩児 / 日向夏 / 福田浩子 / 福村飛鳥
藤村栞 / 藤原悠里 / 文蔵 / 星野明日香 / Maeshin / 前田彩華 / 増田由菜 / 松浦匡起 / 松下大一
MARINA / 南彩莉 / 三村あずさ / 宮越陽花 / 宮島光平 / 村田茜 / 森田悠介 / 八澤季実 / 柳田真理
山崎和樹 / やまださちこ / 山田勇魚 / 山田智愛 / やまのわ / 山本真矢 / YuDai / 夕映えてシアン
ゆりもげら / 楊明真 / 吉川薫 / 吉田絵美 / よしだ智恵 / 瑠璃ルリコ / Rein / Rena / 渡邊綾乃
ワタナベユウヤ

Web only作家:AmberMA / かなやまひろき / はるはなこえり

前回KENZAN 2022の各賞受賞者
■IAG賞   ネイネイ/宮越陽花
■ギャラリーアートもりもと賞   田中幹希
■カジキ美術   mokoe
■Gallery Kogure賞   片岡真梨奈
■新生堂   川口麻里亜
■C-DEPOT賞   たかすぎるな。
■八犬堂賞   北奥美帆
■N賞   大城舞華
■みうらじろう賞   伊藤千恵子
■村越画廊賞   平入裕佳子
■ロイドワークス賞/ konoyo賞   水口麟太郎
■オーディエンス賞1位   千葉尋
■オーディエンス賞2位   矢口由奈
■オーディエンス賞3位   坂本左衛門/ 中島華映

今回はGallery1にて一般展示終了後に音楽公演も開催します。アートな音楽体験を是非!!
MIYU GOTO :RAW ARTS EXHIBITION
後藤望友(作曲・ピアノ)× 共演 HAMA(パーカッション)


開演日:11月16日(木)/17日(金)/19日(日)各日19:30開始予定
会場:東京芸術劇場 Gallery1
Admission:2,000円(税込)

★後藤 望友(ごとう・みゆ)/作曲家・ピアニスト
「音楽は一点物のARTになり得るか」という問いのもと、自作品を“RAW ARTS”と称し、
音楽をARTのフレーム内で再定義。聴者の直感/本能に訴える音楽作品を創作し、自ら表現している。
東京藝術大学作曲科、同大学大学院作曲専攻を卒業。
卒業時に同大学よりアカンサス音楽賞を授与される。 吹奏楽連盟より吹奏楽賞受賞。
TIAA全国作曲家コンクール審査員賞受賞。洗足現代音楽作曲コンクール第1位。

..................................................................................................................

★高橋祐次個展 -陸と海-

会期:2023年 11月15日(水)-21日(火)(最終日16:00閉場)
会場:松坂屋上野店7階 アートスペース T&U

とめどなく溢れるアイデアをもとに、様々な技法を駆使して作品として生み出す稀代のストーリーテラー画家、
高橋祐次。細かな木片のパーツを組み上げて作り上げられた幾何学でありながら温かみのある作品は、
「絵画」の枠を超えた新しいジャンルのアートと言えるでしょう。本個展では陸と海をテーマに、
彼らしい幾何学的でありながらあたたかい世界をどうぞお楽しみください。

PROFILE
■東京藝術大学大学院デザイン専攻修了
■2022年 ボローニャ国際絵本原画展 入選
■2023年 個展「〇〇る家」(松坂屋静岡店)
■2023年 個展「strange voyage」(Artglorieux GALLERY OF TOKYO / 銀座)
■絵本『山びこくん』(文芸社)、『ぼくはくるま、みんなもくるま』(あかね書房)、
『ずぼっ じー』(講談社)、『ひゃくえんだま どこへゆく?』(福音館書店)

..................................................................................................................

★BAD GIRL Vol.U

会期:2023年11月4日(土)→11月11日(土)11時〜19時(月曜休)最終日は18時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

困っちゃうけど放っておけない、なんだか気になって仕方ない、私たちを魅了してやまない存在。
昨年、大好評をいただいた本展、今年も開催いたします。
4人それぞれが思い描く 「BAD GIRLS」 たちをぜひお楽しみ下さい。

■参加作家
石松 チ明 / 大島 利佳 / 佐藤 T / むらまつちひろ

11月3日(金)正午からkonoyo.netにて予約スタート。
※4日(土)19時までWEB・会場とも予約のみの受付となります。
※複数のお申込みがあった作品に関しましては、締め切り後の抽選とさせていただます。

..................................................................................................................

★松坂屋名古屋店×八犬堂プレゼンツ ヤングアーティスト公募展
“いい芽ふくら芽” in Nagoya 2023


会期:2023年11月1日(水)-6日(月)最終日は18時閉場
会場:松坂屋名古屋店 南館1階 オルガン広場

可能性を秘めた若手作家をいち早くみいだし、その才能が開花することを美術ファンと共に応援するべく 2018年よりスタートした、ヤングアーティスト公募展「いい芽ふくら芽」。 本展では、愛知県・岐阜県・福井県・石川県・富山県・長野県・山梨県・静岡県・三重県在住及び ゆかりのある40歳未満の作家たちを対象に募集、125名のエントリーから19名の作家が入選いたしました。 各賞の最終審査と同時に販売も行い、皆様の投票で決定するオーディエンス賞もございます。 可能性溢れる作品の数々をぜひお楽しみください。

■各 賞 ●グランプリ 1名 → 2024年 松坂屋名古屋店にて個展開催
●優秀賞 3名 及び オーディエンス賞 1名 → 2024年 松坂屋名古屋店でのグループ展に出品
●八犬堂ギャラリー賞 1名 → 八犬堂ギャラリーにて個展開催
●アインソフディスパッチ賞/GALLERY IDF賞
→ それぞれのギャラリーで、 個展又はグループ展を開催
●Artglorieux GALLERY OF TOKYO賞 1名
●HRD Artist Label (HRD ART株式会社)賞 1名
●月刊アートコレクターズ賞 → 月刊 「アートコレクターズ」 1年分プレゼント

■出品予定作家(50音順)
愛/于顔碩/大城舞華/梶原丈義/片山香帆/鴨奥美帆/小島千明/Julie/Junsei Oh
白岩溪/杉村俊介/Tatsuya Suzuki/田嶋春/西山沙希/松浦匡起/村上のどか/YuDai
吉高ゆうき/よしだ智恵


★いい芽ふくら芽 ReStart
over 40 under 65


早いか遅いかではない、継続するか否か

若手作家を支援すべくスタートした「いい芽ふくら芽」、このたび40歳以上65歳以下を対象とした
公募展を開催することとなりました。タイトルにあるRSは、「RESTART」の頭文字から取りました。
若手作家に負けじと57名のエントリーから選ばれた8名の作家たちが描く作品をぜひお楽しみください。

■各 賞
●グランプリ 1名 → 2024年 松坂屋名古屋店にて個展開催
●優秀賞 3名 及び オーディエンス賞 1名
→ 2024年 松坂屋名古屋店でのグループ展に出品
●八犬堂ギャラリー賞 1名 → 八犬堂ギャラリーにて個展開催
●アインソフディスパッチ賞/GALLERY IDF賞/HRD Artist Label(HRD ART株式会社)賞
→ それぞれのギャラリーで、 個展又はグループ展を開催
●月刊アートコレクターズ賞 → 月刊「アートコレクターズ」1年分プレゼント

■出品予定作家(50音順)
青山健一/木白牧/木村智博/鯉江桃子/馬場仁美/ヒョーゴコーイチ/木曜日/渡邊綾乃


★同時開催★
いい芽ふくら芽 グランプリ受賞記念個展
MARINA 個展 −頭の中を散歩する−


11月1日(水)〜7日(火) 最終日は午後4時閉場
松坂屋名古屋店本館8階アンテナプラスアート

昨年のいい芽ふくら芽in Nagoyaにおいて、グランプリを受賞したMARINAさんの個展を開催いたします。
テーマは、現実と他社との共通点や違いを知り、新たな発見が生まれる機会をつくりたいと制作するMARINAさんの
作品を是非御覧ください。

1996年 滋賀県生まれ。滋賀学園高校普通科卒業。
2020年 ONE ART TAIPEI(台湾)。
2021年 ART ART OSAKA(大丸梅田店)。
2022年 個展(松坂屋上野店)。いい芽ふくら芽 in NAGOYA(松坂屋名古屋店)。

..................................................................................................................

★第19回 2023 東武 秋の絵画市

会期:2023年11月1日(水)-6日(月)最終日は17時閉場
会場:東武宇都宮百貨店5階イベ ントプラザ

今度は宇都宮です!!今を生きる若手作家がさまざまなスタイルと技法で表現するアートの世界。餃子の街でもある宇都宮にぜひ足を運んでみてください!

■出品予定作家(50音順)
アンドウトシキ/内田亘/大沢愛ManaOsawa/北嶋勇佑/高橋祐次/寺野葉/間瀬由加里/山崎和樹


..................................................................................................................

★東武絵画市 2023

会期:2023年10月26[木]-31日[火]※最終日は午後6時閉場
会場:船橋東武6階 イベントプラザ

Young Artists Todayブース
出品予定作家(50音順) 井上神節 / 北嶋 勇佑 / 桑野美紗 / CAI QIN / 塩田千種 / シバタマミ / 杉山 有沙
高津 ゆい / 高橋 祐次 / 中島 淳志 / 西川紀絵 / 間瀬 由加里 / 山崎 和樹


..................................................................................................................

★<アートで楽しむ> TOBU ANIMAL PARK

会期:2023年10月26日(木)→ 11月1日(水)最終日は17時閉場
会場:東武池袋店 6F 1番地 アートギャラリー

気鋭の作家たちが、日本画、洋画、工芸など様々な技法とスタイルで動物を表現いたします。可愛い、美しい、気高い…
ギャラリーがアートの動物園に!皆さまのお越しをお待ちしております。

■出品予定作家(50音順)
青山 健一 / 飯沼 由貴 / 内田まる / 江川 史織 / 児玉 陽美 / 塩田千種
DAIKI / 高橋 祐次 / 中村勇太 / 松下 大一 / ゆりもげら


..................................................................................................................

★佐々木 茜 個展“Bless”

会期:2023年10月21日(土)→10月28日(土)11時〜19時(月曜休)最終日は18時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

永遠ではないものが見せる一瞬の美しさに加え、作家の願いや創造を巧みな筆致で作品に昇華させる佐々木茜氏
。 2年振りとなる個展では、 招き猫をはじめとする 日本古来からの縁起物とされる動物や寓話をテーマに、可憐な少女を描きます

■略歴 1986年 群馬県生まれ。 多摩美術大学絵画科油画専攻 卒業
2021年 個展「Horoscope」(八犬堂/池尻大橋)
2022年 アートのチカラ(伊勢丹新宿店)。四美神(八犬堂/京橋)

10月20日(金)正午からkonoyo.netにて公開。
※事前にお申込みのあった作品は、抽選とさせていただきます。
※抽選結果は10/21(土)22時までにお知らせいたします。
会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★わたしたちの東京案内2023

会期:2023年10月18日(水)→ 24日(火)最終日は16時閉場
会場:松坂屋上野店 7階 アートギャラリー

江戸幕府の所在地であった江戸が東京と名称を変えて155年が経ちます。
今尚目まぐるしい変化を遂げている東京の街を、作家達が独自のスタイルで描きます。
作家たちがどの町を描くのかも見どころのひとつです。
皆様のお越しをお待ちしております。

■出品予定作家(50音順)
池口友理 / 石田麻衣 / いそざきなな / 伊藤三園 / 片岡真梨奈 / 北嶋勇佑 / 久保亜紀子
CAI QIN / 小夜子 / 柴トラ夏子 / 西村文子 / notomiki / ヒカリタケウチ / 藤田まりこ / Wakana.y

..................................................................................................................

★東武秋の絵画市 2023

会期:2023年10月12日(木)〜17日(火)
会場:池袋東武 8F 催事場

Young Artists Todayブース
■出品予定作家(50音順)
内田 亘 / 大沢愛 Mana Osawa / 北奥美帆 / 北嶋 勇佑 / 木下 武 / 高橋 祐次
新家 未来 / ヒカリタケウチ / 日向夏 / 間瀬 由加里 / 山崎 和樹

..................................................................................................................

★ピース de ミライ

会期:2023年10月11日(水)〜10月24日(火)[最終日午後6時終了]
会場:伊勢丹新宿店 本館6階 アートギャラリー(アートエディション)

ピースdeミライは、ファッションを通じて新しい未来を示唆していくプロジェクトです。
リーバイスRのユーズドストック、マリメッコの端切れ生地などを元にアート作品へと蘇らせます。
普段使用しない素材だからこそ見える作家たちの魅力あふれる作品をどうぞお楽しみください。
※掲載作品はアートギャラリー以外のフロアにも展示される場合がございます。
詳しくは店頭までお問い合わせください。

■出品予定作家 (50音順)
内田 恵 / 内田 亘 / 江上 秋花 / 亀下 渚 / 北奥美帆 / 小島柚穂
Simon True / Spamdog / NISHINO HARUKA

..................................................................................................................

★名作REBORN

会期:2023年10月11日(水)→ 17日(火※最終日は16時閉場
会場:松坂屋上野店 7階 アートギャラリー

歴史に名を刻んでいる世界の名作を新進気鋭の作家たちが自身の個性を活かしながら
オマージュした作品展です。各作家の作品チョイスも見どころなこの展示、ぜひお楽しみください。

■出品予定作家 (50音順)
青山健一 / アンドウトシキ / 池口友理 / いろはあやの / 江川史織 / 折笠敬昭
北嶋勇佑 / 坂井美里 / 坂本左衛門 / 高津ゆい / 高橋祐次 / のぐちあやの
平薮 健 / 藤田まりこ / 細井世思子 / 細川成美 / YuDai

..................................................................................................................

★北嶋勇佑個展 ―ぎんのもり―

会期:2023年10月7日(土)→10月15日(日)11時〜19時(月曜休)最終日は18時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

生き物の持つ強さ、気高さ、時に可愛さに惹かれ、気づけば2年以上
動物を主体とした作品作りに取り組んでいました。木版画と一点刷り
技法をミックスした独自技法「木版モノタイプ」を使い、見て感じた衝動
を色形として一つの画面に摺り込みます。動物作品の集大成ともいえる
作品、大小40点を発表いたします。     北嶋勇佑

■略歴 1989年 東京都生まれ
2014年 武蔵野美術大学大学院版画コース修了/修士(造形)
2015〜’20年 武蔵野美術大学芸術文化学科研究室 助手。日本版画協会準会員(’16 〜現在)

10月6日(金)正午からkonoyo.netにて公開。
※事前にお申込みのあった作品は、抽選とさせていただきます。
※抽選結果は10/7(土)22時までにお知らせいたします。
会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★For ZAPPAS 展

会期:2023年9月27日(水)→10月4日(水)11時〜19時(月曜休)最終日は18時終了
Closing Party:10月1日(日)17時-19時
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

この度一風変わった作家4人の作家の展示を開催することになりました。
今回はアンダーグラウンドを突き進む4人のアーティストをご紹介いたします。
ZAPPASという言葉は4人の規格外な作品のメタファーとして選んだスラングです。
”ZAPPA”は驚き、期待、びっくりする、など様々な意味が込められています。
ZAPPAな皆さんへ(For)、ZAPPAな4人(Four)によるアングラな作品たちを見に来てください。

■JAGGYBOX
70-90年代のアンダーグラウンドなポップカルチャーを融合させた独自のスタイルで、
2023年よりデジタルコンテンツの創作を開始。
オンラインを中心にバーチャル世界の住人のように、情報非公開のジャギーボックス名で活動中。
商業デザイナーとしての幅広い経験を生かし、既成概念にとらわれないNFT、デジタル版画、ZINEなど
多面的に展開します。デジタル資産の唯一性や生成AI、仮想現実が台頭する中、表現行為の価値観に大きな
変革が起きている現代において独自の世界観を深掘りし、新たな風を吹かせます。

■Simon True
1972年 Manchester,England生まれ
Manchester Metropolitan University, ‘illustration with animation’ 卒業

展示歴
2021 Golden Age, Tokyo
2022 Art Baboo, Yokohama
2023 Sunzui Grindland, Chiba

Art and skateboarding are like Yin and Yang for me.
They feed each other. No rules, no good or bad, no need to impress or to win anything.
Absolute Freedom of Expression. In other words, I can’t really be bothered trying but I’m very happy to be involved.
アートとスケートボードは陰と陽だと思っている。お互いに絡み合っている。
ルールもなく、良し悪しでもなく、勝つために気張る必要もない。完全なる表現の自由なんだ。
逆にそんなことすらやってみようとも思わないけど、アートとスケートボードをやっててよかったよ。

■Spamdog
1980年 Hull,England生まれ
University of the West of England, Bristol 卒業

展示歴
2021 Vanguard ‘Bristol Street Art’, Arnolfini Bristol
2022 Continental Drifters - Dareshack, Bristol
2023 Art Baboo, Yokohama

I’m an artist involved in the 1990s Hull, and early 2000s Bristol graffiti scenes in the UK.
Drawing, painting, spraying and making artwork helps us to process the things we can’t explain in words.
Hyper-saturated commercial and social media platforms pay millions of dollars to bamboozle your eyes
and wrestle control of your mind with brands and image.What’s so wrong with you going out and writing your name on
a wall and expressing yourself freely?
1990年代のハル、2000代初頭のブリストルなどのUKグラフィティシーンにどっぷりと浸かったアーティスト。
ドローイング、ペインティング、スプレーなどのアートワークというのは言葉で説明できない物事を伝えてくれることがある。
世に溢れかえった宣伝やSNSに何百万円も投資し人々の目を欺き、ブランドイメージをコントロールしようとする。
だったらどうして街に繰り出して自由に名前をウォールに書くことが悪いの??

■Yuya
1988年 新潟生まれ
skateboardとpunkrockに強く影響を受け続ける
34歳にして絵を描く事に目覚める現在(35)

skater、punks、よく遊ぶ友達の気分の上げられる
ような絵が描ければと日々模索

発展途上の今の自分にしか描けないものがあると信じて。

9月27日(水)正午からkonoyo.netにて公開。
会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★柳田真理個展 ―君の眼にひれ伏す―

会期:2023年9月16日(土)→23日(土)11時〜19時(月曜休)最終日は18時終了
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

「美しさ」に対して圧倒的な畏怖を感じながらも、絵画として表現すべく、そこに向き合いながら制作する日本画家、柳田真理。彼女の描きたい「美しさ」とは果たして何なのか。是非会場で感じてください。

■1985年 埼玉県生まれ ■明星大学造形芸術学科(日本画専攻)卒業
■2021年、2022年 個展(八犬堂ギャラリー)
■2023年 気鋭の美人画家-池永康晟に挑む新時代の旗手たち-(伊勢丹新宿店)

9月15日(金)正午からkonoyo.netにて公開。
※事前にお申込みのあった作品は、抽選とさせていただきます。
※抽選結果は9/16(土)22時までにお知らせいたします。
会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★菊池鮎子個展 ―皿に桃―

会期:2023年9月2日(土)→9日(土)11時〜19時(月曜休)
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

「丸くかわいい尻を落ち着けることのできない、いつでも転がりそうな桃の目で見る景色はなんだか力なく怨めしい。そんな桃たちの景色を生き物に重ねて描きます。菊池鮎子」
現実世界を時に痛ましく、でも飄々とした表現で描くことを心掛けながら生まれた作品達。皆さまのお越しをお待ちしております。

■1990年 埼玉県生まれ
■2022年 たんざく展(新井画廊/銀座)&そのつづき展(アールグロリュー)

9月1日(金)正午からkonoyo.netにて公開。
※事前にお申込みのあった作品は、抽選とさせていただきます。
※抽選結果は9/2(土)22時までにお知らせいたします。
会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★第5回 今津奈鶴子油絵展 ―苔のある物語・然びの森―

会期:2023年年9月7日(木)→13日(水)
会場:6F 1番地 アートギャラリー※最終日は午後5時閉場

精緻に描かれた苔の世界。誰しもどこかで遭遇したことがあるようなその風景は、実は今津奈鶴子さんが創造した永遠に広がるユートピア。 是非とも会場にお越しいただき、ご堪能ください。

■2009年 武蔵野美術大学大学院美術専攻油絵コース 修了
■2019年〜 個展(池袋東武)毎年
■2020年 福音館書店かがくのとも「こけをみつけたよ」「ほたるのひかりかた」出版
小学館「図鑑NEO きのこ」巻頭扉絵担当

..................................................................................................................

★寺野葉 個展-home-

会期:2023年9月13日(水)→19日(火)※最終日は16時閉場
会場:松坂屋上野店 7階 アートスペースT

日常の様々な景色と、日本画の伝統的な様式美を融合し、懐かしさを感じさせながらも現代的な作品に昇華させる画家、寺野葉。今回のテーマは「home」。いつにもまして身近なモチーフを描きます。松坂屋上野店では初の個展、皆様のお越しをお待ちしております。

■1997年 大阪府生まれ ■ 2021年武蔵野美術大学院造形研究科修士課程日本画コース 修了
■FACE2019(損保ジャパン日本興亜美術賞)入選 ■ Seed 山種美術館日本画アワード2019入選
■佐藤国際文化育英財団 令和元年度第29期奨学生 ■第5回 石本正日本画大賞展 入選

..................................................................................................................

★アンドウトシキ個展 -おしりかんかく2-

会期:2023年9月13日(水)→19日(火)
会場:松坂屋上野店 7階 アートスペースU ※最終日は16時閉場

デジタルで制作した絵画をどうやってアート作品に成立させるか、様々な技法を駆使しながらおよそ10年もの間、このテーマと向き合い続けた作家アンドウトシキ。今日、デジタルアート作家が増えていく中で、彼の功績は大きいのではないのでしょうか?昨年に続き松坂屋上野店では2回目となる個展です。皆様のお越しをお待ちしております。

■1991年、宮城県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程デザイン専攻 修了。
■2020年、アートアートアート(松坂屋名古屋店)。2021年、たんざく展(伊勢丹新宿店)。
■2022年、個展(松坂屋上野店)。

..................................................................................................................

★間瀬由加里個展―最果て―

会期 : 2023年 8月19日(土)〜27日(日)11:00-19:00 ※月曜日定休 ※最終日18時閉場
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

今回の作品は全て1年前に取材したアイスランドをテーマにし、実際に現地で見てきた景色を元に
制作しました。アイスランドに着いた時、地球にもしも「果て」があったとしたらこんな場所
なんだろうなと感じました。気候が厳しく、いのちが少ないけれど、だからこそ目の前に広がる大地は強く、
美しいと思いました。厳しい大地に試されながらも、どうにか目に収めてきた絶景を、
その時の心情も踏まえて絵として表現しました。
(間瀬由加里)

■1994年 愛知県生まれ
■2018年 愛知県立芸術大学 日本画専攻卒業
■2020年見参-KENZAN-2020 八犬堂賞
■2021年 アートのチカラ(伊勢丹新宿店)(以降毎年)
■2022年高橋祐次 間瀬由加里 二人展(GINZA SIX)


8月18日(金)正午からkonoyo.netにて公開。
※事前にお申込みのあった作品は、抽選とさせていただきます。
※抽選結果は8/19(土)22時までにお知らせいたします。
会期中PM8時〜AM10時までkonoyo.netでも販売します。

..................................................................................................................

★高橋祐次個展 - strange voyage -

会期:2023年8月17日(木)→23日(水)10:30-20:30 ※最終日は18:00閉場
会場:Artglorieux GALLERY OF TOKYO (GINZA SIX 5F)

絵本作家としても活躍している稀代のストーリーテラー画家、高橋祐次。
細かな木片のパーツを組み上げて作り上げられた幾何学的でありながら温かみのある作品は、
「絵画」の枠を超えた新しいジャンルのアートと言えるでしょう。
アールグロリューでは二回目となる個展のテーマは「strange voyage(奇妙な旅)」
きっと彼の作品が我々を素敵で不思議な旅に連れて行ってくれることでしょう。

■2018年 東京藝術大学大学院デザイン専攻修了
■2022年 ボローニャ国際絵本原画展 入選
■2023年 個展「ミステリ展」(八犬堂 / 京橋)
■絵本『山びこくん』(文芸社)、『ぼくはくるま、みんなもくるま』(あかね書房)、
『もういちわ とんでいく』(ホテルの本棚)、『ずぼっ じー』(講談社)、
『ひゃくえんだま どこへゆく?』(福音館書店)

..................................................................................................................

★いい芽ふくら芽受賞者展

会期:2023年8月16日[水]〜8月22日[火]※最終日は17:00閉場
会場:大丸東京店11階 催事場

今年3月、大丸東京店催事 ART ART TOKYOで開催されたヤングアーティスト公募展
「いい芽ふくら芽 in TOKYO」にて優秀賞を獲得したCAI QIN、五月女かおる、hitchと、
お客様投票によりオーディエンス賞を獲得した西瓜みいによる展示を開催いたします。
340名を超えるエントリーから見事に賞を獲得した4人の作品をどうぞお楽しみください。

■CAI QIN
1994年 中国生まれ
2023年 東京藝術大学 美術研究科 デザイン専攻 第8研究室DRAW 博士後期課程 2年

■五月女かおる
1996年 栃木県生まれ
2022年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士前期課程美術専攻彫刻領域 在学 1年

■hitch
1988年 兵庫県生まれ
2011年 大阪芸術大学 芸術学部 デザイン学科 グラフィックデザイン 卒業

■西瓜みい
1987年 東京都生まれ
2007年 東洋美術学校 卒業

..................................................................................................................

★山田勇魚 作品展 -現代に甦る付喪神-

会期:2023年8月16日[水]〜8月22日[火]10:30-20:30 ※最終日は18:00閉場
会場:伊勢丹新宿店 本館6階 アートギャラリー

「付喪神」という日本古来の伝説(寓話)をテーマにクジラの作品を多数発表してきた山田勇魚。
さまざまな容姿に変化しうる付喪神の存在を作品を通して可視化することで、
役目を終えた廃棄物に敬意を表しているとも言えます。
2年ぶり4回目となる今回の展示では新たに「標本箱」シリーズを発表いたします。
ぜひご高覧ください。

1988年 埼玉県生まれ
東京芸術大学大学院美術研究科デザイン専攻 修了

受賞歴
東京藝術大学卒展 デザイン賞
東京藝術大学修了展 デザインN賞
2014 JART4(WAHcenter / New York)
2015 Tokyo art crossing BERLIN(neurotitan gallery / Berlin)
2017 山田勇魚作品展(新宿伊勢丹/東京)
2018 山田勇魚個展(代官山蔦屋書店/東京)
2019 山田勇魚作品展Lost and Found (新宿伊勢丹/東京)
2020 山田勇魚作品展 From the Seabed (大丸福岡天神店 / 福岡)
2021 山田勇魚作品展 Animism歩んだ10年(新宿伊勢丹/東京)
2022 瀬戸優×山田勇魚ニ人展「アニマーレ」(GINZA SIX/東京)
   石野平四郎×山田勇魚二人展「深層ニアミス」(ANB tokyo/東京)
2023 個展(リストランテAO/静岡)
   クラムボンっておぼえてる?(TIERS GALLERY/東京)

..................................................................................................................

★ヤングアーティスト旋風2023アートアートアート

会期:2023年8月2日(水)→7日(月)10:00〜20:00 ※最終日は18:00閉場
会場:松坂屋名古屋店 南館1階オルガン広場

今年で9回目を迎える今や夏のアート風物詩!!
日本画、洋画、立体作品、さまざまなスタイルの作品300点以上を展示販売いたします。
出品作家が会期中随時、ライブペイントを行います。
今年は一体何が描かれるのか!? お楽しみに!


■参加作家
飯沼由貴 / 池口友理 / 石橋美香 / いそざき なな / 井上神節 / 井下彩乃 /上渕 翔 / 内田 有
内田 亘 / 大沢愛 Mana Osawa / 大島利佳 / 沖 綾乃 /北奥美帆 / 北嶋勇佑 / 木下 武 / 久保亜紀子
桑野美紗 / 坂田 樹 / SAKI OTSUKA / 佐々木 茜 / 塩田千種 / 清水レイ / 珠羽 / 五月女かおる
たかすぎるな。 / 高津ゆい / 高橋祐次 / 竹田涼乃 / 丁子紅子 / 椿あぐり /寺倉京古 / 中島淳志
長P萬純 / 中村勇太 / 新家未来 / 西瓜みい / 西川果歩 / ネイネイ / のぐちあやの / 花菱 慧
馬場仁美 / 林 和輝 / haruhi /ヒカリタケウチ / 日向夏 / 間瀬由加里 / MARINA / 山崎和樹
吉田絵美 / 李倩 ほか(50音順)


..................................................................................................................

★MOUNTAIN -マウン展-

会期:2023年8月2日(水)→8日(火)10:00〜18:30 ※最終日は16:00閉場
会場:松坂屋上野店7階 アートギャラリー

“山”は「実際にそびえ立つ高く盛り上がった地形」ですが、ものの例えとして多く引用される言葉です。
本展では“山”をキーワードに若手作家が描いたさまざまな作品を展示いたします。
実際の山なのか、創造の山なのか、何かが集積してできた山なのか、宿題の山なのか。
ぜひ“マウン展”でお確かめください。


■参加作家
アンドウトシキ / 飯沼由貴 / 石田麻衣 / 石橋美香 / いそざきなな / 大城舞華 / 岡本博紀
葛西明子 / 片岡真梨奈 / 北嶋勇佑 / 桑野美紗 / CAIQIN / 坂本左衛門 / 柴トラ夏子
中島淳志 / 中村勇太 / 林和輝 / 平薮健 / 間瀬由加里 / 山崎和樹 / Rena (50音順)


..................................................................................................................

★西村文子個展 -From my dear town-

会期:2023年8月2日(水)→8日(火)10:00〜18:30 ※最終日は16:00閉場
会場:松坂屋上野店7階 美術画廊

約40年前に初めて訪れたニューヨークの街並みに魅了され、作家活動を始めた版画家、西村文子氏。
クールで活気ある街並みを描いた作品群を見ていると思わずニューヨークへと
足を運びたくなります。 松坂屋上野店では初の個展となります。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


■1939年 東京都生まれ
■1996年 第11回国民文化祭富山福光町実行委員会 会長賞
■2000年 国際版画トリエンナーレ 入選(ポーランドクラコウ)(?03、?06)
■2006年 第51回〜65回 CWAJ 現代版画展(以降14回)
■2020年 個展(Artglorieux of TOKYO)
■2022年 個展(伊勢丹浦和店)


..................................................................................................................

★高橋祐次個展「Don't Read,Look」

会期:2023年 7月26日(水)〜7月31日(月)10:00〜20:00 ※最終日は16:00閉場
会場:丸善岡山シンフォニービル店 地下1階ギャラリー

絵本作家としても活躍している作家、高橋祐次。今回のテーマは「見て楽しい本」。
稀代のストーリーテラーがどのような本を描くのかお楽しみください。
あわせまして新作絵本『ひゃくえんだま どこへゆく?』(福音館書店刊)の原画も展示いたします。


略歴
■東京藝術大学大学院デザイン専攻修了、修了制作 藝大デザインN賞
■2022年 個展「何かが起こる3秒前」(八犬堂ギャラリー / 池尻大橋)
■2022年 『ずぼっ じー』(講談社)刊行
■2022年 ボローニャ国際絵本原画展 入選


..................................................................................................................

★今野樹里恵・itabamoe ニ人展 −とけない魔法−

会期:2023年 7月26日(水)〜8月1日(火)10:00〜18:30 ※最終日は16:00閉場
会場:松坂屋上野店7階 アートスペースU

異なるスタイルをもった二人の作家、今野樹里恵とitabamaoe。
描かれた女性に二人がかけた「魔法」は永遠に解けることなく我々を惹き付けます。
魅力的な作品の数々をどうぞお楽しみください。


■今野樹里恵
1996年、埼玉県生まれ。創形美術学校 ファインアート科版画専攻卒業
2021年、個展(SAN-AI GALLERY/馬喰町)。2022年、たんざく展(伊勢丹新宿店)
■itabamoe
1991年、静岡生まれ。文化服装学院3年
2023年、Study:大阪関西国際芸術祭(contemporary tokyo)
2023年、京都×アートプロジェクト出展(MASATAKA CONTEMPORARY)


..................................................................................................................

★内田恵個展 いつかみるゆめ

会期:2023年 7月26日(水)〜8月1日(火)10:00〜18:30 ※最終日は16:00閉場
会場:松坂屋上野店7階 アートスペースT

一見意味が無さそうなもの、強いメッセージ 性などが無さそうなものほど「いいなぁ」と
思うようになりました。
そういった作品は、見る人に自 由に思考する余白を与えてくれます。 あえて残 してくれた「隙」にわたしはなぜか好きな天気や時間帯、はるか昔に訪れた場所や幼い頃お気に入りだった おもちゃなどの片鱗を見ます。
わたしの作品も、誰かにとってそんなふうに見てもらえたら、と思いながら最近は制作して います。 (内田恵)


■略歴
1990年 東京都生まれ
2017年 東京藝術大学大学院
美術研究科修士課程 修了
2022年 内田亘恵 二人展
(Artglorieux of TOKYO) 作品集 「CATALOG」 刊行


..................................................................................................................

★玉川 麻衣 個展 -常夜の月-

会期 : 2023年 7月22日(土)〜29日(土)11:00-19:00 ※月曜日定休 ※最終日18時閉場
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

サブタイトルの「常夜(とこよ)」とは、常に夜が動く、即ち「死後の世界」を意味しますが、かつては「常世」ど同義でした。
「常世」とは永遠に不変の神域であり、民俗学者の折口 信夫曰く「マレビトの訪れる理想郷」でもあるそうです。
八犬堂ギャラリーでは2年半振りの個展となる本展では、夜と月をテーマに、妖怪図と狼図、現世と
異界のあわいの存在たちの絵を出品いたします。

■1977年 東京都生まれ
■2013 「見参」準オーディエンス賞、新人賞、四季彩舎賞
■2018年 Art Expo Malaysia (クアラルンプール)
■2020年 個展(八犬堂)
■主な装画「山の霊異記 霧中の幻影」 安曇潤平(KADOKAWA)/「夏の花」 河津聖恵(思潮社)
■装画・挿絵「文豪ノ怪談 ジュニアセレクション」 東雅夫編(汐文社)
■絵本作画「蒼い夜の狼たち」 寺崎美紅(丹波山観光推進機構)
■ほか個展・グループ展多数


7月21日(金)正午からkonoyo.netにて公開。
※事前にお申込みのあった作品は、抽選とさせていただきます。
※抽選結果は7/22(土)22時までにお知らせいたします。

..................................................................................................................

★中島淳志 個展

会期:2023.7.21 FRI. - 8.24 THU.10:30〜20:30 ※最終日は18:00閉場
会場:ELOISE’s Cafe Tokyo Asakusaエロイーズカフェ 東京浅草
〒111-0032 東京都台東区浅草 2-27-10

古代ローマへの憧れを抱き、遠い異国の歴史、文化、風土に想いを馳せながら
、 画仙紙、竹紙など中国の貴重な古い紙に水墨画で描いた作品をどうぞお楽しみください。


■1993年 愛知県生まれ
東京藝術大学日本画専攻卒業
■2019年 月刊美術新人賞デビュー 入選
■2021年 いい芽ふくら芽 in Nagoya 優秀賞
■2021年個展(松坂屋上野店)
■2023年 個展(八犬堂ギャラリー)

..................................................................................................................

★井下彩乃・高津ゆい 二人展−めぐるしき−

会期:2023年 7月20日(木)〜7月26日(水)10:30〜20:30 ※最終日は18:00閉場
会場:Artglorieux GALLERY OF TOKYO(GINZA SIX 5階)

半立体で幾何学的かつヴィヴィッドな色彩で動物を描く井下彩乃。
装飾的な模様を背景に、動物の崇高さ、気高さを確かな技術力で描く高津ゆい。
作家としてのスタイルは異なりますが、モチーフの動物に対する愛情とリスペクトは共通しています。 昨年に続き2度目の二人展では、強いチームワークによって制作されたコラボレーション作品も展示いたします。。


井下 彩乃
1988年 奈良県生まれ
2011年 大阪芸術大学 スペースデザイン専攻 卒業
2021年 個展(松坂屋上野店)
2022年 いい芽ふくら芽in KYOTO 優秀賞

高津 ゆい
1992年 岐阜県生まれ
2018年 愛知県立芸術大学 大学院 美術研究科
(博士前期課程)デザイン領域 修了
2021年 個展(東武百貨店池袋店)
2021年 個展(松坂屋名古屋店)


..................................................................................................................

★そのつづき展

会期:2023年 7月13日(木)〜7月19日10:30〜20:30 ※最終日は18:00閉場
会場:Artglorieux GALLERY OF TOKYO(GINZA SIX 5階)

本展は7月10日(月)〜22日(土)新井画廊で開催されるたんざく展とのコラボ企画展です。
2会場で1点ずつ出品される作品が同じテーマで描かれています。
ぜひ両会場に足をお運びいただき作家たちが2点で紡ぐストーリーをお楽しみください。


出品作家
新井あかね / 荒井志帆 / アンドウトシキ / 飯沼由貴 / 池口友理 / 石井佑宇馬 / 石田麻衣
石橋美香 / いそざきなな / 井上神節 / 内田まる / 大沢愛 Mana Osawa / 岡本博紀
片岡真梨奈 / 金丸悠児 / 川口麻里亜 / 木須葵悠 / 北嶋勇佑 / 久保亜紀子 / 鯉江桃子
坂井美里 / 坂本左衛門 / 阪本奈緒子 / SAKI OTSUKA / 七 / 柴トラ夏子 / たかすぎるな。
高橋祐次 / 千坂尚義 / 椿あぐり / 寺野葉 / 中島淳志 / 中嶋彩乃 / 中村勇太 / 西瓜みい
西村文子 / のぐちあやの / 林和輝 / ヒカリタケウチ / 平薮健 / 藤田まりこ / 淵上直斗
細川成美 / 増田由菜 / minglelingo / むらまつちひろ / 八澤季実 / 柳田真理 / 山本真矢
吉田紋 / 劉暢


..................................................................................................................

★たんざく展XV

会期:2023年 7月10日(月)〜7月22日(土) ※16日(日)休廊  ※22日(土)16時まで
会場:新井画廊 銀座

2011年より開催しているたんざく展ですが、今年も昨年に引き続き GINZA SIX アールグロリューにて
開催される「そのつづき展」(7/13[木]〜19日[水])とのコラボ企画になっており、ふたつの会場で
各作家が同じテーマで描いた作品を展示いたします。
ぜひ両会場に足をお運びいただき作家たちが2点で紡ぐストーリーをお楽しみ下さい。

出品作家
新井あかね / 荒井志帆 / アンドウトシキ / 飯沼由貴 / 池口友理 / 石田麻衣 / 石橋美香 / いそざきなな
井上神節 / 井下彩乃 / 内田まる / 大沢愛 Mana Osawa / 岡本博紀 / 片岡真梨奈 / 金丸悠児 / 木須葵悠
北嶋勇佑 / 久保亜紀子 / 鯉江桃子 / 坂井美里 / 坂本左衛門 / 阪本奈緒子 / SAKI OTSUKA / 七
柴トラ夏子 / たかすぎるな。 / 高橋祐次 / 千坂尚義 / 椿あぐり / 寺野 葉 / 中島淳志 / 中嶋彩乃
中村勇太 / 西瓜みい / 西村文子 / のぐちあやの / 林和輝 / ヒカリタケウチ / 平薮健 / 藤田まりこ
淵上直斗 / 細川成美 / 増田由菜 / minglelingo / むらまつちひろ / 八澤季実 / 柳田真理 / 山本真矢
吉田紋 / 劉暢 (50音順)

会期中のPM8時〜AM10時 konoyo.netでも販売します。
※作品の事前お問合わせを複数いただいた場合、抽選とさせていただきます
。 ※作家によってはたんざく作品のみの出品もあります。


..................................................................................................................

★東武絵画フェスティバル

会期:2023年 7月6日(木)〜7月11日(火)[最終日午後6時終了]
会場:東武船橋店6階イベントプラザ午前10時〜午後7時

【耳寄りな情報】
なんと東武カード・東武友の会・ロイヤルカード会員証のご呈示で表記価格より20%OFFだそうですよ

出品作家
アンドウトシキ / 池口友理 / 上渕翔 / 内田亘 / 大沢愛 Mana Osawa / 大竹彩奈 / 沖綾乃 / 小山翔平
北嶋勇佑 / 桑野美紗 / 高津ゆい / 高橋祐次 / 中島淳志 / ネイネイ / 増田由菜
間瀬由加里 / 松下大一 / 柳田真理 / 山崎和樹


..................................................................................................................

★丸松坂屋×八犬堂プレゼンツ
ヤングアーティスト公募展“いい芽ふくら芽 in SAPPORO 2023”
“IIME FUKURAME”Young Artist Competition
24名の入選者による百貨店での展覧会


会期:2023年 7月5日(水)〜7月10日(火)[最終日午後6時終了]
会場:大丸札幌店 7階催事場

可能性を秘めた若手作家をいち早くみいだし、その才能が開花することを美術ファンと共に応援すべく2018年よりスタートした、 ヤングアーティスト公募展「いい芽ふくら芽」。
本展では、北海道在住及びゆかりのある40歳未満の作家たちを対象に募集、 約100名のエントリーから24名の作家が入選いたしました。各賞の最終審査と同時に販売も行い、
皆さまの投票で決定するオーディエンス賞もございます。パワーと可能性溢れる作品の数々をぜひお楽しみください。

■24名のファイナリスト達
安部聖哉 / 石井智菜美 / いの上さや香 / 榮村莉玖 / OTI / Ochiro / 葛西明子 / 久保勝大
河野菜穂子 / 小島柚穂 / 児玉陽美 / koromi / サトウ カノン / 小夜子 / DAIKI / 儲??
中野加菜 / Nashy / MARINA / 水石隼人 / mohi / やまのわ / 山本真矢 / yuzu


ーーーーーーーーーー↓同時開催↓ーーーーーーーーーー

★天晴!アートパレード
今回もあっぱれな作家たちをご紹介しますよ!
池口友理 / 上渕翔 / 内田亘 / 大沢愛 Mana Osawa / 北嶋勇佑 / 中島淳志
ヒカリタケウチ / 増田由菜 / 間瀬由加里 / 松下大一

..................................................................................................................

★山田勇魚作品展 ー付喪神の野性ー

会期:2023年 7月5日[水]ー7月11日[火]
会場:大丸福岡天神店 本館6階 アートギャラリー

東京藝術大学大学院修了以来、付喪神(つくもがみ)をメインコンセプトに活動してきた山田勇魚氏。
付喪神とは長い時を経た物や動物に魂や神仏が宿るとされる考えで、自身の名前の由来でもあるクジラを モチーフに、沈没船の付喪神を表現した「帰港シリーズ」で人気を博しています。 福岡では2年ぶり2度めとなります。
新シリーズとして標本シリーズを展示致します。ぜひご覧ください。

略歴
立体造形作家
■1988年 神奈川県生まれ
■2014年 東京藝術大学美術学部卒業
■2016年 東京藝術大学大学院美術研究科修了


..................................................................................................................

★高橋祐次個展 Don't Read, Look

会期:2023年 7月5日[水]ー7月11日[火]
会場:ジュンク堂書店福岡店 2階 MARUZENギャラリー

絵本作家としても活躍している作家、高橋祐次。今回のテーマは「見て楽しい本」。
稀代のストーリーテラーがどのような本を描くのかお楽しみください。
あわせまして新作絵本『ひゃくえんだま どこへゆく?』(福音館書店刊)の原画も展示いたします。

略歴
■東京藝術大学大学院デザイン専攻修了、修了制作 藝大デザインN賞
■2022年 個展「何かが起こる3秒前」(八犬堂ギャラリー / 池尻大橋)
■2022年 『ずぼっ じー』(講談社)刊行
■2022年 ボローニャ国際絵本原画展 入選


..................................................................................................................

★中島淳志個展 -古へのいざない-

会期 : 2023年 7月1日(土)〜8日(土)11:00-19:00 ※月曜日定休 ※最終日18時閉場
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

昨年に引き続き、八犬堂ギャラリーで個展を開催いたします。
ローマ、ナポリ、ポンペイ、エルコラーノの遺跡遺物を描きました。
古代への憧れを抱き、遠い異国の歴史、文化、風土に想いを馳せて描いた作品達をどうぞお楽しみください。

■1993年 愛知県生まれ。 東京藝術大学日本画専攻卒業
■2019年 月刊美術新人賞デビュー 入選
■2021年 いい芽ふくら芽 in Nagoya 優秀賞
■2021年個展(松坂屋上野店)
■2022年 個展(八犬堂ギャラリー)


6月30日(金)正午からkonoyo.netにて公開。
※事前にお申込みのあった作品は、抽選とさせていただきます。
※抽選結果は7/1(土)22時までにお知らせいたします。

..................................................................................................................

★たんざく展 & ポストモノクロニズムShiro kuro+展 同時開催

会期:2023年 6月28日(水)〜7月4日(火)[最終日午後6時終了]
会場:伊勢丹新宿店 本館6階 アートギャラリー

【たんさく展】
毎年七月七日七夕の夜は、願い事を書いた短冊を笹の葉につるし星に祈りを捧げる風習が今でもあります。
伝説では織姫と彦星が年に一度この日に「再会」を果たします。 たんざく展は、縦一尺二寸、幅二寸という
限られたサイズで、 日本画・洋画作家をはじめ、版画や彫刻、工芸の作品を発表している作家たちが
自由な発想で表現する作品展です。
アーティストたちが願いをこめて描く短冊の中からお気に入りの作品にめぐりあえるかもしれません。
どうぞお楽しみください。

出品作家
アンドウトシキ / 飯沼由貴 / 池口友理 / 石井佑宇馬 / 石田麻衣 / 石橋美香 / 磯ア菜那 / itabamoe /
いの上さや香 / 井上神節 / 井下彩乃 / 今津奈鶴子 / いろはあやの / 上渕 翔 / 内田まる / 内田 有 /
内田 亘 / 江川史織 / 大島利佳 / 沖 綾乃 / 片岡真梨奈 / 金丸悠児 / 亀下 渚 / 川口麻里亜 / 菊池鮎子 /
北嶋勇佑 / 木下 武 / 黒木美都子 / 桑野美紗 / 鯉江桃子 / 小林範之 / 今野樹里恵 / 坂井美里 /
坂田 樹 / 坂本左衛門 / SAKI OTSUKA / 佐々木 茜 / Sulley / 七 / 清水レイ / 珠羽 / 杉野 郁 /
杉本憲一 / 平良志季 / 久 梓 / 高津ゆい / 高橋祐次 / 田島惠美 / 玉川麻衣 / 千坂尚義 / 椿あぐり /
寺野 葉 / 中島淳志 / 中嶋彩乃 / 中村勇太 / 新家未来 / 二階屋沙織 / 西瓜みい / 西川果歩 /
NISHINO HARUKA / ネイネイ / のぐちあやの / 波部圭亮 / 林 和輝 / haruhi / ヒカリタケウチ /
久門裕子 / 日向夏 / 淵上直斗 / 間瀬由加里 / 松下大一 / むらまつちひろ / 八澤季実 / 柳田真理 /
山崎和樹 / 山本真矢 / yuzu / 吉田 紋 / 依田 恵 / 劉暢 / Rena ほか(50音順)

会期中、エムアイカードで作品をお買いあげの先着77名さまに特製ボールペンのプレゼントがあるよ

ーーーーーーーーーー↓同時開催↓ーーーーーーーーーー

【Shiro kuro+展】
18名の作家による、モノクロまたはモノクロに1色が加えられた作品を集めた
「shiro kuro+展」を開催します。 限られた色数による表現の魅力、そこに別の色彩があることで
互いが引き立てあう作品の数々を、どうぞお楽しみください。

出品作家
アンドウトシキ / 内田 亘 / 亀下 渚 / 桑野美紗 / 小島柚穂 / 坂本左衛門 高橋祐次 / 田島惠美 /
寺倉京古 / 中島淳志 / 長P萬純 / NISHINO HARUKA西村文子 / 林 和輝 / haruhi / 日向夏 /
フジイカクホ / 水口麟太郎 (五十音順)


..................................................................................................................

★高橋祐次個展 Don't Read, Look

会期:2023年 6月14日[水]ー6月20日[火]
会場:丸善・丸の内本店4階 ギャラリーB

絵本作家としても活躍している作家、高橋祐次。今回のテーマは「見て楽しい本」。
稀代のストーリーテラーがどのような本を描くのかお楽しみください。
あわせまして新作絵本『ひゃくえんだま どこへゆく?』(福音館書店刊)の原画も展示いたします。

略歴
■東京藝術大学大学院デザイン専攻修了、修了制作 藝大デザインN賞
■2022年 個展「何かが起こる3秒前」(八犬堂ギャラリー / 池尻大橋)
■2022年 『ずぼっ じー』(講談社)刊行
■2022年 ボローニャ国際絵本原画展 入選


..................................................................................................................

★沖 綾乃個展「裸に咲く花」

会期 : 2023年 6月17日(土)〜24日(土)11:00-19:00 ※月曜日定休 ※最終日18時閉場
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

八犬堂ギャラリーでは2回目となる個展では、ボディーペイントが施された女性を描いた作品を
中心に展示いたします。 「徐々に花の絵で埋め尽くされていく女性の裸体。絵の具の皮膜を薄く纏った姿は
裸とはそう違わないはずなのに、 ペイントの隙間から覗く素肌にドキッとしたり生身の肌の引力の
ようなものをより強く意識させられたように思いました。
裸体、肉体の魅力とは何なのかを考え直すような気持ちで制作しています。(沖 綾乃)」

■1994年 栃木県生まれ。 武蔵野美術大学 日本画科 卒業
■2018年 KENZAN 2018 八犬堂ギャラリー賞受賞、オーディエンス賞2位
■2019年 KENZAN 2019 N賞受賞
■2020年 個展(浦和伊勢丹)
■2023年 沖綾乃・下重ななみ二人展。 Artglorieux GALLERY OF TOKYO(GINZA SIX 5階)。 他 個展・グループ展多数。

6月16日(金)正午からkonoyo.netにて公開。
※事前にお申込みのあった作品は、抽選とさせていただきます。
※抽選結果は6/17(土)22時までにお知らせいたします。

..................................................................................................................

★若手アーティストたちが描く 若手アーティストたちが描く 今昔絵図展

会期:2023年6月15日[木]〜21日[水] *最終日は18時閉場
会場:ArtglorieuxGALLERY OF TOKYO(GINZA SIX 5階)

今昔物語の書き出しである「いまはむかし」は本来、「今」と「昔」を分けて物語る小説ではありませんが、あえて両者を分け、
作家たちが2点の作品で時の流れを表現します。今に生き、昔に思いを馳せながら作家たちが織り成す「いまとむかし」をどうぞお楽しみください。

出品作家
アンドウトシキ / 池口友理 / 石田麻衣 / 磯ア菜那 / 内田まる / 片岡真梨奈
亀下渚 / 川口麻里亜 / 北嶋勇佑 / 坂本左衛門 / SAKI OTSUKA
柴トラ夏子 / 清水レイ / 杉本憲一 / 田村幸帆 / 長P萬純 / 中村勇太
NISHINO HARUKA / 平薮健 / 増田由菜 / 間瀬由加里 / むらまつちひろ
山本真矢 / 吉垣光 / 李倩 / Rena (50音順)


..................................................................................................................

★空想動物図鑑

会期:2023年 6月14日(水)→ 20日(火)最終日は16時閉場 会場:松坂屋上野店 7階 美術画廊

気鋭の作家たちが溢れる創造力で、新たな動物を生み出し作品にしました。
それぞれの個性が発揮された「空想動物」をぜひお楽しみください。

出品作家
アンドウトシキ / 岩本依留羽 / 内田 まる / 江川史織 / 大橋由香 / 木須葵悠
北嶋勇佑 / 木下武 / 小島実 / 榮 睦人 / 坂田 樹 / 塩田千種 / 珠羽
しょうじ こずえ / 杉山有沙 / 高津ゆい / 高橋祐次 / 田島惠美 / 田村幸帆
長P 萬純 / 中村勇太 / 西川紀絵 / はかりのうえ / 羽田野令也 / #B7282e ヒカリタケウチ / フジイカクホ / 細井世思子 / 山崎和樹 / Rena (50音順)


..................................................................................................................

★黒 紅 黒木美都子×丁子紅子

会期 : 2023年 6月3日(土)〜10日(土)11:00-19:00 ※月曜日定休 ※最終日18時閉場
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

美術ファンであれば一度は聞いたことがある、あるいは作品を観たことがあるであろう二人、黒木美都子と丁子紅子。 八犬堂立ち上げ当初よりお付き合いさせて頂いてる、いわゆる弊社きっての人物絵師のツートップだ。 未だ人気の衰えない人物画ブームの背景には彼女らのような活動や努力なしにありえないのである。 日本の美術界をこれから牽引していくであろう二人はこれからも目が離せない。

6月2日(金)正午からkonoyo.netにて予約開始とさせていただきます。

締切は6月3日(土)午後7時。

抽選結果は6月3日(土)の午後10時までにメールにてご連絡いたします。

※6月3日(土)までWEB・会場とも予約申込のみの受付となります。
※複数のお申込があった作品に関しましては、締切後の抽選とさせていただきます。
※会期中のweb販売は20時〜翌朝10時まで。 6/4(日)開始

..................................................................................................................

★現代アート展

会期:6月1日(木)→6月6日(火)※最終日は午後5時閉場
会場:東武宇都宮百貨店5階イベントプラザ

今を生きる若手作家がさまざまなスタイルと技法で表現する現代アートの世界。ぜひお楽しみください。

アンドウトシキ / 磯ア菜那 / 上渕翔 / 内田亘 / 大沢愛ManaOsawa / 大竹彩奈
沖綾乃 / 片岡真梨奈 / 木下武 / 高津ゆい / 高橋 祐次 / ネイネイ / 林和輝
増田由菜 / 間瀬由加里 / 柳田真理 / 山崎和樹


..................................................................................................................

★MARINA Solo Exhibition −新しい生命線−

会期:5月31日(水)→6月6日(火)※最終日は16時閉場
会場:松坂屋上野店 7階 アートスペース T・U

昨年に続き、松坂屋上野店では二回目の個展となります。
サブタイトルである「新しい生命線」とは、MARINA氏の描く「線」から様々なキャラクター「生命」が生まれるという意味です。
作品を通して自己や他者と関わりたいと願いながら描く彼女の作品をぜひご覧ください。

1996 滋賀県生まれ
2019 アートオリンピア入選
           宝龍芸術大賞 優秀賞
2020 ONE ART TAIPEI
2021 アートアートアート(松坂屋名古屋店)/
           いい芽ふくら芽 in TOKYO(松坂屋上野店)グランプリ&ロイドワークスギャラリー賞受賞/
           ART ART OSAKA(大丸梅田店)
2022 個展(松坂屋上野店)


..................................................................................................................

★hommage a Mucha 四美神×6

会期 : 2023年 5月20日(土)〜27日(土)11:00-19:00 ※月曜日定休 ※最終日18時閉場
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

ミュシャが好んだ「四」の数字をテーマとした展覧会「四美神」。
今年は6名の作家による「四美神×6」を開催します。
石松チ明と北川朔は“四季”、杉野郁はチェスの起源「チャトランガ」の頃からある“4つの駒”、
中園ゆう子は火・水・風・土からなる“四元素の神の侍従”、 haruhiは“4つのお菓子”、
細川成美は赤、青、白、黒を使った「古い色」をテーマに制作しました。
現代の感性で再解釈され、 蘇える女神たちにぜひ会いに来てください。

■参加作家
杉野 郁
haruhi
石松チ明
北川 朔
中園ゆう子
細川成美
※順不同

5月19日(金)正午からkonoyo.netにて予約開始とさせていただきます。

締切は5月20日(土)午後7時。

抽選結果は5月20日(土)の22時までにメールにてご連絡いたします。

※5月20日(土)までWEB・会場とも予約申込のみの受付となります。
※複数のお申込があった作品に関しましては、締切後の抽選とさせていただきます。

..................................................................................................................

★女子美REUNION

会期:5月17日[水] - 23日[火]最終日は午後4時閉場
会場:松坂屋上野店 7階 美術画廊

私立美術学校のなかで最も長い歴史をもち、多くの芸術家とクリエーターを輩出する
伝統校である女子美術大学。
本展は、女子美術大学と女子美術短期大学のOGと在学生によるグループ展です。
昨年に引き続き、専攻や年齢の垣根を超え、更に新たなステージへ立つべく集まった
23名の作家たちの作品をどうぞお楽しみください。

■参加作家
湯口絵美子
丁子紅子
黒石千恵子
中沢梓
佐久間露涓

岩野雅代
西川果歩
清水レイ
中嶋彩乃
二階屋沙織
下重ななみ
NISHINO HARUKA
亀下渚
北川朔
久梓
有坂はるな
やまださちこ
春木彩香
中島彩
横山芙實
刑部真由

(順不同)


..................................................................................................................

★AYAKASHI 妖精×妖怪

会期:5月10日[水] - 16日[火]最終日は午後4時閉場
会場:松坂屋上野店 7階 美術画廊

決して目にすることはできないが、神秘的な存在として我々を惹き付ける、妖精、妖怪。
本展では気鋭の若手作家が、多様な技法とスタイルで創る“AYAKASHI”の世界を展示いたします。

■妖精の部 ※DMに振られている番号と連動しています。
1.山下千里/2.前田彩華/3.長P萬純/ 4.竹田涼乃
5.itabamoe/6.森田洋美/7.細川成美/8.今野樹里恵
9.細井世思子/10.伊藤三園/11.神野歌音/12.北川 朔
13.石井智菜美/14.鯉江桃子/15.いの上さや香/16.吉田 紋

■妖怪の部
17.haruhi/18.ヒカリタケウチ/19.西川果歩/20.田島惠美
21.古原汐理/22.黒田智恵/23.玉川麻衣/24.塩田千種
25.中村勇太/26.野崎裕理/27.林 不一/28.江川史織
29.珠羽/30.榮 睦人/31.香月祐美/32.山崎美季 (順不同)

..................................................................................................................

★高橋祐次個展
-Don't Read, Look-

会期:5月10日[水] - 16日[火]最終日は午後4時閉場
会場:丸善 仙台アエル店1F イベントスペース

絵本作家としても活躍している作家、高橋祐次が個展を開催いたします。
テーマは「見て楽しい本」。 稀代のストーリーテラーがどのような本を描くのか楽しみです。
また、今年2月に福音館書店より出版されました新作絵本『ひゃくえんだま どこへゆく?』
の原画(非売)も展示いたします。

■Profile
2018年 東京藝術大学大学院デザイン専攻修了、修了制作 藝大デザインN賞
2022年 個展「何かが起こる3秒前」(八犬堂ギャラリー / 池尻大橋)
2022年 『ずぼっ じー』(講談社)刊行
2022年 ボローニャ国際絵本原画展 入選

..................................................................................................................

★松下 大一 個展
OWLternative U

会期:5月10日[水] - 16日[火]最終日は午後4時閉場
会場:松坂屋名古屋店 本館8階 アンテナプラスアート

大学で日本画、版画を学び、様々な技法で鳥類、中でも特に作家が愛するフクロウを
モチーフに作品を制作している松下大一。 名古屋店では4年振りとなる個展です。
皆様のお越しをお待ちしております。

■Profile
1990 愛知県生まれ
2014 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻 卒業
2016 同大学院美術研究科絵画専攻版画第1研究室 修了
2016 個展(八犬堂ギャラリー)
2019 個展(松坂屋名古屋店)
2021 シタマチアートパレード(松坂屋上野店)
2022 松下大一・安岡亜蘭 二人展(吉野画廊)

..................................................................................................................

★宮島 光平 個展 ー絵空e.p.ー

会期:4月18日(火)- 5月25日(木)※最終日は午後3時終了
※会期中無休。OPEN:平日午前中。土日午後3時くらいまで。
お手数ではありますが、受付で一言おっしゃっていただければ基本いつでもご覧いただけます。
会場:ELOISE’s Cafe Tokyo Asakusa
エロイーズカフェ 東京浅草
〒111-0032 東京都台東区浅草 2-27-10

ドットを小さな出来事と捉え、その集積が物語になる。そんなイメージでひとつひとつのドットを
丁寧に描く画家、宮島光平がつくりあげたストーリー(絵画)をどうぞお楽しみ下さい。


PROFILE
1985 埼玉県生まれ
24歳からバックパック世界一周旅行の途中でペルーの作家に影響を
受けその後帰国。傍ら、自身の芝居ユニットを開始。絵描き役を
演じたことで本格的に絵描き活動に没頭することになる。
2020 ONE ART Tipei
2021 KENZAN2021(東京芸術劇場)
2022 個展 6th album 「Arrows to Thursday」(ZAKURA/渋谷)

展示作品はkonoyo.netからご購入いただけます。


..................................................................................................................

★アートフェア東武2023
美術洛中洛外図〜時空を超えて〜 南蛮渡来動物園

会期 : 2023年 4月13日(木)〜18日(火)11:00-19:00 ※月曜日定休 ※最終日18時閉場
会場 : 池袋東武8F催事場 セクション:南蛮渡来動物園 Animal Park

八犬堂からセレクトした動物モチーフが得意な作家を招聘しました。
南蛮より渡来した動物のあつまる「アニマルパーク」をお楽しみください。

■参加作家
飯沼由貴 / 磯ア菜那 / 井下彩乃 / 岩本依留羽 / 内田亘 / 大沢愛ManaOsawa / 北奥美帆 / くまたにたかし
高橋祐次 / 寺倉京古 / 中村勇太 / 西川紀絵 / 日向夏 / 増田由菜 / 間瀬由加里 / 山崎和樹
..................................................................................................................

★佐藤T 個展 -窓の外-

会期 : 2023年 4月22日(土)〜30日(日)11:00-19:00 ※月曜日定休 ※最終日18時閉場
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

「長い時間をかけて人物を描いていると、キャンバスという窓からその人を見ているような錯覚を覚えます。
描き進めて行く中で私は、その人自身や背景を知り、やがて肌の中に日が落ちた紫の空が滲んでいる事を
見つけだします。そんなかすかな環境が、人物の複雑な感情や表情に湿度や意志を与え、
見る人を見つめ返しているように思えるのです。」(佐藤T)
八犬堂では2年ぶりの個展、ぜひお越し下さい。

PROFILE
北海道生まれ
武蔵野美術大学造形学部油絵学科版画専攻 卒業
2020年 個展(みうらじろうギャラリー/日本橋/)同2022
2021年 個展(八犬堂ギャラリー/池尻)

ネット公開はkonoyo.netにて4月21日(金)正午から。販売開始は4月22日(土)正午からとなります。

..................................................................................................................

★内田亘 個展 “sorrow”

会期 : 2023年 4月8日(土)〜16日(日)11:00-19:00 ※月曜日定休 ※最終日18時閉場
DMハガキには最終日15日(土)とご案内しておりますが、16日(日)まで開催することとなりました。
皆様にはお手数をおかけしまして大変失礼いたしました。

会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

内田さんの作品は時に謎めきもあり、納得する場面がある。何が言いたいかというと、”センスがよい”。
ものの見方、感じ方が凡人のそれとはまったく違う。 ”センスがよい”と形容される作品はあまた存在するかもしれない。それは個人の判断で個人が自由に感じること。 押し付けることはできない。
でも、観てもらいたい、彼のdepictionを。

PROFILE
1989年東京生まれ。
2017年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程デザイン専攻修了。
2018年ART FAIR TOKYO(東京国際フォーラム)
2022年Popup Exhibition「CLORFUL」(代官山蔦屋書店)
Don't try to be positive.(ポジティブになろうとしないでください。)(Artglorieux of Tokyo)
C-DEPOT sprout Exhibition(パークホテル東京34F)
2023年上野松坂屋動物園展(松坂屋上野店)

会期中konoyo.netにて作品を販売いたします。

..................................................................................................................

★アートまみれvol.2
PART.1 & PART.2


■PART1 : 2023年3月23日(木)〜29日(水) <最終日は18時閉場>
□PART2 : 2023年3月30日(木)〜4月5日(水) <最終日は18時閉場>
Artglorieux Gallery of Tokyo(GINZA SIX 5階) 午前10時30分〜午後8時30分



「世界じゅうをアートでいっぱいにしたい!」アートまみれという展示会名はそんな思いから
つけられました。現代を生きる若手作家たちは、何を考え、そして何を表現するのか?
各々のスタイルを持った期待のアーティスト達が産み出すアートをどうぞお楽しみに。

■PART.1 参加作家
大沢愛 Mana Osawa/小林望美/石橋美香/坂井美里/池口友理/藤原悠里/桑野美紗/吉田絵美
淵上直斗/上渕翔/大橋由香/坂田樹/M田千晴/NEWBONE/珠羽/片岡真梨奈/Sai/林和輝(順不同)

□PART.2 参加作家
河原佳幸/山下千里 /柳田真理/佐々木茜/内田恵/鯉江桃子/新家未来/門田奈々
神野歌音/itabamoe/吉田紋/北川朔/伊藤三園/山本晴日/山本真矢/赤池ももこ/今野樹里恵(順不同)

..................................................................................................................

★磯ア菜那 個展 “陽光に誘われて”

会期 : 2023年 3月18日(土)〜26日(日)11:00-19:00 ※月曜日定休 ※最終日18時閉場
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

陽光に誘われて――まさに今回のテーマのように風光明媚な静岡に居を構えた磯ア菜那氏。
今年もたくさんの煌めき、やさしさ、癒しの魔法をこめた作品が完成しました。
ぜひ会場にお越しください。

PROFILE
1993年東京生まれ。 2016年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。
2017年 見参八犬堂賞受賞。アートのチカラ(伊勢丹新宿店/以降毎年)
2019年 ART EXPO MALAYSIA (マレーシア)。 2020年 あしもとにゆらぐ(京都府立植物園)、
個展(伊勢丹浦和店)他多数。 倉阪鬼一郎著『お江戸甘味処 谷中はつねや』(幻冬舎)シリーズ、
山村美智著『7秒間のハグ』(幻冬舎)、五十嵐佳子著『結実の産婆みならい帖』
シリーズ(朝日文庫)等 装丁画担当。


会期中konoyo.netにて作品を販売いたします。

..................................................................................................................

★いい芽ふくら芽in SAPPOROグランプリ受賞記念
渡邊綾乃個展 bird's nest


2023年3月15日(水)〜21日(火・祝) <最終日は17時閉場>
大丸札幌店 8階美術画廊 午前10時〜午後6時


昨年3月に開催されたヤングアーティスト公募展 「いい芽ふくら芽 in SAPPORO」 において
見事グランプリを獲得した渡邊綾乃氏による個展を開催いたします。
ブラックユーモアや寓話的な要素を取り入れ、「こわさ」と「かわいらしさ」が同居する
魅力的な作品の数々をどうぞお楽しみください。

渡邊綾乃 略歴
1983年 北海道生まれ。 武蔵野美術大学造形学部油絵学科 卒業。
2022年 いい芽ふくら芽2022 in SAPPORO(大丸札幌店)グランプリ受賞。

..................................................................................................................

★藤原悠里 個展2023 -文字と遊ぶ-

3月8日(水)→14日(火)※最終日は16時閉場
松坂屋上野店 7階 アートスペース T


書道をポップアートにアップデートするべく、中国の殷・周時代から使われていた
金文(きんぶん)と呼ばれる象形文字など、古代の漢字を中心に様々な文字を使って
制作する藤原悠里さん。 初の個展となります。洋室にも飾れる、掛け軸ではない形の
書道作品、「書道×ポップアート」をどうぞお楽しみください。

藤原悠里 略歴
1986年 佐賀県生まれ
慶応義塾大学文学部人文社会学科社会学専攻 卒業
2017 第4回 SHIBUYA AWARD オーディエンス賞
2021 アートガーデン展(月ノ出画廊 / 青山)
2021 いい芽ふくら芽(松坂屋上野店)
2022 変奏曲を編む 刊行記念展(東京・京都・福岡・宮城)


..................................................................................................................

★中村勇太 個展

3月8日(水)→14日(火)※最終日は16時閉場
松坂屋上野店 7階 アートスペース U


国内外の珍奇植物やいきものを題材に、花鳥画に於ける吉祥的な装飾性/寓意性、
自然と人間との関わり、それらがはたらきかける記憶や 思い出の想起に着目し制作する
日本画家、中村勇太。松坂屋上野店では初の個展となります。
皆様のお越しをお待ちしております。


中村勇太 略歴
2021 KENZAN2021(東京芸術劇場)新生堂賞
2021 アートのチカラ(伊勢丹新宿店/東京)
2022 ファインアートコレクション(松坂屋上野店/東京)
2022 アートアートアート(松坂屋名古屋店/愛知)
2022 個展「sparkle」(新生堂/東京)
2022 いい芽ふくら芽inKYOTO/八犬堂ギャラリー賞・オーディエンス賞



..................................................................................................................

★李倩 個展 −心の場−

会期 : 2023年 3月4日(土)〜12日(日)11:00-19:00 ※月曜日定休 ※最終日18時閉場
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

人の体から発せられる様々な「声」を聴診器で聴くことにより生まれた
インスピレーションで人体を描くという、 オリジナリティ溢れるスタイルで好評を博している作家、李倩。
八犬堂ギャラリーでは初の個展となります。

PROFILE
1986年 中国北京生まれ
東京藝術大学大学院美術研究科修士課程デザイン専攻 修了
2020年 KENZAN2020(東京芸術劇場)オーディエンス賞
IAG AWARDS 2020(東京芸術劇場) IAG準大賞 & オーディエンス賞
2022年 アートまみれ(Artglorieux of TOKYO)
個展「心との対話」(松坂屋上野店)


初日3/4(土)正午よりkonoyo.netにて作品を公開いたします。

..................................................................................................................

★大丸東京店×八犬堂プレゼンツ
ヤングアーティスト公募展 “いい芽ふくら芽” in TOKYO 2023


2023.3.1[水] → 7 [火]10時〜20時 <最終日は17時閉場>
大丸東京店 11階 催事場



可能性を秘めた若手作家をいち早くみいだし、その才能が開花することを美術ファンと共に応援するべく
2018年よりスタートした、 ヤングアーティスト公募展 「いい芽ふくら芽」。
本展では、関東、東北、北陸、北海道在住 及びゆかりのある40歳未満の作家たちを対象に募集、
300名以上のエントリーから30名の作家が入選いたしました。 各賞の最終審査と同時に販売も行い、
皆様の投票で決定するオーディエンス賞もございます。
パワーと可能性溢れる作品の数々をぜひお楽しみください。

30 FINALISTS 生ふゆ / 荒井志帆 / 安藤光 / 石井佑宇馬 / 井上神節 / 黒田智恵 / CAIQIN / 七
シバタマミ / 五月女かおる / たかすぎるな。 / 千坂尚義 / 張思甜 / Toyoda Tamanosuke / 中村百合江
七篠奈津美 / 西瓜みい / のぐちあやの / 原口智聖 / hitch / 平賀茉莉 / 淵上直斗 / もりかわさく / 矢口由奈
八澤季実 / 柳澤樹 / 山ア真梨恵 / 山本真矢 / 劉暢 / Rena /

各  賞
● グランプリ 1名 → 大丸東京店にて個展を開催
● 優秀賞 3名 及び オーディエンス賞 1名
→ 大丸東京店でのグループ展に出品
● Artglorieux GALLERY OF TOKYO賞 / アートファクトリー賞
HRD Artist Label (HRD ART株式会社)賞 /
TOMOHIKO YOSHINO GALLERY賞 /美岳画廊賞 /柳井美術賞/YOD Gallery賞 /八犬堂ギャラリー賞
● 月刊アートコレクターズ賞 → 月刊「アートコレクターズ」1年分プレゼント

審 査 員
● 大丸東京店 美術画廊 ● 大久保 欽哉(株式会社八犬堂代表取締役)
● HRD Artist Label(HRD ART株式会社) ● 月刊アートコレクターズ
● 木原 千春(画家) ● 谷敷 謙(美術家) ● 山田 勇魚(美術作家)

主催 : 大丸東京店/八犬堂
協力 : 一般社団法人JIAN/アートファクトリー/HRD Artist Label (HRD ART)
TOMOHIKO YOSHINO GALLERY/美岳画廊/柳井美術/YOD Gallery/月刊アートコレクターズ

■同時開催■
アッパレ!アートパレード
★特集 高橋祐次 ○○る家

内田恵 / 内田有 / 内田亘 / 大沢愛 Mana Osawa / 沖綾乃 / 木須葵悠 / 久保亜紀子 / 坂本左衛門
下重ななみ / 高橋祐次 / 中島淳志 / 西村文子 / ネイネイ / 柳田真理 /

..................................................................................................................

★時代を担う 若手作家が描く 日本画展

2月23日(木)〜3月1日(水)<最終日は午後4時閉場>
ながの東急百貨店別館シェルシェ4階美術サロン(入場無料)


若手日本画作家9名によるグループ展です。
日本画と一言で言えども、それぞれが様々な手法で個性的な作品を描いています。
新しき日本画の息吹をどうぞお楽しみ下さい。

<出品作家>
みやじまゆういち / 和田真理子 / ヒカリタケウチ / 中村勇太 / 中島淳志
江川史織 / 橋本六久 / 中嶋彩乃 / 白岩溪 順不同

..................................................................................................................

★気になる中身展

2月22日(水)〜28日(火)<最終日は午後4時閉場>
西武池袋本店6階(中央B7)=アートスペース


誰しもが物事の中身、人間の内面や秘密をのぞいてみたい、という願望があるのではないでしょうか?
本展では、気鋭の若手作家14名が、そんな気になる「中身」をテーマに描きます。。

<出品作家>
石橋 美香 / 菊池 鮎子 / 木須 葵悠 / 北川 朔 / 鯉江 桃子 / 久 梓
高橋 祐次 / 寺野 葉 / 林 和輝 / 真鍋 由伽子 / MARINA / むらまつちひろ
柳田 真理 / 吉田 紋 (五十音順)

..................................................................................................................

★竹田涼乃 個展

2月22日(水)→28日(火)※最終日は16時閉場
松坂屋上野店 7階 アートスペース U


油絵特有の質感を活かし、見る者の想像をかき立てられる表情や仕草の人物を描く画家、竹田涼乃。
初の個展となる本展では、“透明の色”をテーマに透明・半透明の物体(眼鏡、瓶、ビニール、水など)と
人物を組み合わせた作品を展示いたします。皆様のお越しをお待ちしております。

竹田涼乃 略歴
1996年 長崎県生まれ  多摩美術大学 美術学部絵画学科油画専攻 卒業
2013年 長崎県美術展 長崎新聞社賞
2015年 第3回東京装画賞 坂川栄治賞
2016年 月刊美術新人賞『デビュー』 (ギャラリー和田/銀座)
2021年 いい芽ふくら芽inTokyo(松坂屋上野店)
2022年 たんざく展(新井画廊/銀座)

..................................................................................................................

★上渕 翔 個展

2月22日(水)→28日(火)※最終日は16時閉場
松坂屋上野店 7階 アートスペース T


古木材を用い「何を描けばこの木が活きるだろうか」と木と対話をしながら描く作家、上渕 翔。
古色雑考をテーマに素材とモチーフが美しく融合した作品が完成しました。
百貨店では初の個展となります。ぜひお楽しみください。

上渕 翔 略歴
1983年 熊本県生まれ。筑波大学芸術専門学群洋画コース卒業
2020年 個展「祈り」 ドラードギャラリー(東京都新宿区早稲田)
2021年 いい芽ふくら芽2021 松坂屋上野店(東京都台東区上野)
2022年 アートのチカラ(伊勢丹新宿店)

..................................................................................................................

★川口麻里亜 個展 −arcana−

会期 : 2023年 2月18日(水)〜26日(日)11:00-19:00 ※月曜日定休 ※最終日18時閉場
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

確かな画力に加え、飽くなき探求心で岩絵具に向き合い、様々なモチーフと表現方法で
ひたむきに制作している川口麻里亜。
八犬堂ギャラリーでは2年ぶりとなる個展、進化が止まらない彼女の作品を是非ご覧下さい。

PROFILE
1996年 大阪府生まれ。2019年 KENZAN2019(東京芸術劇場)八犬堂賞
2020年 藝大の猫展コンペティションvol.2 猫大賞 受賞
2021年 個展(八犬堂ギャラリー池尻)
2022年 東京藝大アートフェス2022 ゲスト審査員賞 受賞
現在 東京藝術大学 美術研究科 絵画専攻 日本画研究室 修士課程 2年


konoyo.netにて作品を公開いたします。
今展示では抽選販売は実施いたしません。ご了承くださいませ。

..................................................................................................................

★KOWAII vol.XIII

2023年2月13日(月)-25日(土)※最終日は午後4時閉場
新井画廊
104-0061 東京都中央区銀座 7-10-8 第5太陽ビル1F
東京メトロ銀座線A3出口より徒歩5分


誰 怖い+可愛い、怖い+美しい、怖い+楽しい、怖い+本当に怖い
Sence of fearness, what we call "KOWAI", might not only sneak inside
your emotion quietly but by some elements added to the fearness which
it turns into something all the time. Kowai and Kawaii, Kowai and Beauty,
Kowai and Fun, Kowai and real Kowai. We, therefore, named this exhibition as
KOWAII EXHIBITION and appreciate if you could enjoy our Kowaii art works
born this year.

<出品作家>
Ayana Otake, Yumi Katsuki, Momoko Koie, Zaemon Sakamoto, Chigusa Shiota,
Shu, Yuji Takahashi, Mai Tamagawa, Yuri Deguchi, Masumi Nagase, Hakarinoue,
Reiya Hatano, Kazuki Hayashi, haruhi, Yukako Hirairi, Ayaka Maeda,
Rie Mizushima, Futa Miyoshi, Chihiro Muramatsu, MOKOE, Hiromi Morita,
Chisato Yamashita, Aya Yoshida, Ayano Watanabe


..................................................................................................................

★My Little Secret

2月15日(水)〜21日(火)※最終日は午後4時閉場
西武池袋本店6階(中央B7)=アートスペース


誰でも持っている自分だけの「ちいさな秘密」。本展では、気鋭の若手作家14名が、
「My Little Secret=わたしだけの秘密」をテーマに描きます。
様々な技法、スタイルで表現される「秘密」をどうぞお楽しみください。

<出品作家>
アンドウトシキ / 磯ア菜那 / いの上さや香 / いろはあやの / 内田 恵 / 内田 亘 / 大島利佳
片岡真梨奈 / 北川 朔 / 佐々木 茜 / 柴トラ夏子 / 杉野 郁 /長P萬純 / 間瀬由加里 (50音順)

..................................................................................................................

★清水レイ 個展

2月8日(水)→14日(火)※最終日は16時閉場
松坂屋上野店 7階 アートスペース T


主にクラシック曲からの着想により、鋭敏な感覚で作品を描く清水レイによる個展を開催いたします。
音楽から生まれたかのような描線をお楽しみください。

清水レイ 略歴
女子美術大学美術学科洋画専攻 卒業
■2011 個展(プロヴディフ/ブルガリア)
■2017 個展(ナウェンチュフ文化センター/ポーランド)、個展(パイエルバッハ/オーストリア)
■2019 いい芽ふくら芽(松坂屋名古屋店)
■2020 第75回春の院展、再興第105回院展

..................................................................................................................

★久保亜紀子 個展

2月8日(水)→14日(火)※最終日は16時閉場
松坂屋上野店7階 アートスペースU


首都高や東京のウォーターフロントの都市風景など身近なモチーフを描きながら、
光にフォーカスすることにより、まるで近未来を見ているような錯覚を覚えます。
百貨店では初の個展となります。具象と抽象の間を行き来する光の風景をどうぞお楽しみください。

久保亜紀子 略歴
■1986年 千葉県生まれ。東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業。
■2019年 個展(新宿眼科画廊スペースS)
■2021年 いい芽ふくら芽 in TOKYO(松坂屋上野店)、アートアートアート(松坂屋名古屋店)
■2022年 アートまみれ(Artglorieux)

..................................................................................................................

★ALL THAT CATS 猫大集合!!

2月8日(水)→14日(火)最終日は16時閉場
松坂屋上野店 7階 美術画廊


猫好きの作家による、猫好きのみなさまに捧げる、猫の作品展です。
猫はいつの時代も芸術家から愛される画題のひとつ。
日本画、洋画、版画、立体、さまざまな技法で創られたキュートで
魅力的な猫たちに会いに、ぜひ会場にお越しください。

<参加作家・50音順>
アンドウトシキ / 飯沼由貴 / 石橋美香 / 磯ア菜那 / イナイシとおる
井下彩乃 / 内田恵 / 内田亘 / kaden / 川口麻里亜 / 北嶋勇佑 / 小島実
塩田千種 / 珠羽 / すずきたまみ / 高津ゆい / 高橋梓 / 寺野葉 / 中島淳志
西川果歩 / 西川紀絵 / ヒカリタケウチ / 日向夏 / フジイカクホ / 松下大一
山下千里 / やまださちこ

..................................................................................................................

★高橋祐次が描く ミステリ展

会期 : 2023年 2月4日(土)〜12日(日)11:00-19:00 ※2/6月定休 ※最終日18時閉場
会場 : 八犬堂ギャラリー(京橋)2階  →  駅から画廊までの経路はここをクリック
〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-8 2階
◇ 銀座線 京橋駅 6番出口 徒歩2分
◇ 都営浅草線 宝町駅 A5出口 徒歩1分
◇ JR 東京駅 八重洲南口 徒歩10分

絵画でストーリテリングすることにかけては随一の作家、高橋祐次。
今回の個展で挑むのは、「ミステリ」。優しさや素朴さを感じる作風の印象が強い高橋祐次だが
、 今回のテーマも彼にとってはアナザーサイドオブ真骨頂。さぁ、高橋祐次のミステリな世界にみんなで入り込んでみましょう。 お待ちしております。

PROFILE
■1993年 愛知県生まれ
■2018年 東京藝術大学大学院修士課程デザイン専攻修了修了制作 藝大デザインN賞
■2022年 個展「何かが起こる3秒前」(八犬堂ギャラリー / 池尻大橋)
■2022年 『ずぼっ じー』(講談社)刊行
■2022年 ボローニャ国際絵本原画展 入選


2月4日(土)正午からkonoyo.netにて作品を公開いたします。
今展示では抽選販売は実施いたしません。ご了承くださいませ。

..................................................................................................................

★―美を創りし者、東より来たる―
ART FROM EAST展


2023/2/2[木]-8[水]※最終日は午後5時閉場
西武池袋本店 6F 1番地 アートギャラリー
お問合せ:TEL.(直通)03-5951-5742



新たな「美」を創る期待の若手作家をここ池袋東武から発信いたします。
日本画、洋画、版画、工芸、様々な技法とスタイルをもつ10名の作家の作品をお楽しみください。

■参加予定作家
北嶋 勇佑/中沢 梓/中村 勇太/木下 武/高津 ゆい/みやじまゆういち/山崎 和樹
間瀬 由加里/塩田 千種/佐々木 光 順不同



..................................................................................................................

★沖 綾乃・下重ななみ 二人展 「しわざ」

2023年2月2日(木)-8日(水)10:30〜20:30 ※最終日は18:00閉場
Artglorieux GALLERY OF TOKYO(GINZA SIX 5階)


日本画で人物をモチーフにするという共通点をもつ若手女流日本画家、沖綾乃と下重ななみ。
もうひとつ彼女たちが、共通するのは「人間のもつ情念や業」に焦点をあてて描くことです。
サブタイトルである「しわざ」は、そんなふたりに相応しいテーマです。
わたしのしわざ?あなたのしわざ?運命のしわざ?どんな「しわざ」が描かれるのか?
ぜひ会場でご覧ください。

■沖 綾乃 略歴
1994年 栃木県生まれ
武蔵野美術大学 日本画科 卒業
2018年 KENZAN2018 八犬堂ギャラリー賞受賞、オーディエンス賞2位
2019年 KENZAN2019 N賞受賞
個展・グループ展多数

■下重ななみ 略歴
1995年 神奈川県生まれ
女子美術大学美術学科日本画専攻 卒業
2016年 五美術大学交流展 アジア創造美術展賞
2017年 朝日新聞社主催 NEXT ART展 推薦作品、女子美術大学卒業製作 美術館推薦賞
個展・グループ展多数

..................................................................................................................

★上野松坂屋動物園

1月25日(水)→31日(火)※最終日は16時閉場
松坂屋上野店 7階 美術画廊


上野動物園の動物たちを、動物をこよなく愛する若手作家たちがさまざまな技法で表現いたします。
皆さまのご来場をお待ちしております。

<参加作家・50音順>
新井あかね / アンドウトシキ 飯沼由貴 / 井下彩乃 / 岩本依留羽 /
内田 恵 / 内田 亘/ 大沢愛 Mana Osawa / 北奥美帆 / 北嶋勇佑 /
小島 実/ 塩田千種 / 杉本憲一 / 田村幸帆 / 西川果歩 / 西川紀絵 /
ヒカリタケウチ / 増田由菜 / 宮島光平 / 山崎和樹 ほか

ご来場の皆さまに上野松坂屋動物園オリジナルステッカーをプレゼント!
数に限りがございます。あらかじめご了承ください。

..................................................................................................................

★木須葵悠個展 -彁現-

2023年1月25日(水)→31日(火)※最終日は16時閉場
松坂屋上野店 7階 アートスペースII


日常で見たり感じたりしたことが、突如非日常的な想像とシンクロした時の驚きやときめき。
そんな感覚を作品を通してみていただく方に感じてほしいと語る木須葵悠氏。
松坂屋上野店では初の個展となります。

PROFILE
1992年 長崎県生まれ。2018-2019年、第5-6回未来展(東京:日動画廊)
。 2022年 いい芽ふくら芽 in TOKYO2022 ※優秀賞、美岳画廊賞(松坂屋上野店)
2022年 木須葵悠・甲斐千香子2人展 -うきよめぐり- (MASATAKA CONTEMPORARY)


..................................................................................................................

★ネイネイ個展 -TOKYO GIRLS 2023-

1月25日(水)→31日(火)※最終日は16時閉場
松坂屋上野店 本館7階 アートスペースI


「カワイイ」を古典的な文化の枠組みを基盤に再構築、新たな「カワイイ・カルチャー」を描くネイネイ。
松坂屋上野店では初の個展となります。

PROFILE
1993年 中国生まれ
2021年 Independent Tokyo2021 審査員特別賞(東京都立産業貿易センター浜松町館)
2022年 いい芽ふくら芽 in TOKYO入選(松坂屋上野店)


..................................................................................................................

★和田真理子展

会期:1.20 FRI. - 2.16 THU.※最終日は午後3時終了
会場:ELOISE’s Cafe Tokyo Asakusa
エロイーズカフェ 東京浅草
〒111-0032 東京都台東区浅草 2-27-10

道端にある草花でも、それぞれ生きるために必要な美しい姿をしています。
存在することに無意味なものはなく、全てが尊いものであると思っています。
植物をモチーフの中心に、膠・胡粉・岩絵具・水干絵具・和紙など、日本の伝統的な画材を用いて作品を制作しています。(和田真理子)


PROFILE
1987 愛知県生まれ
2006 愛知県立旭丘高等学校美術科 卒
2012 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻 卒
2013 第68回春の院展 入選、第98回再興院展 入選
現在 日本美術院研究会員 札幌在住

展示作品はkonoyo.netからご購入いただけます。


..................................................................................................................

★高橋祐次個展?〇〇る家?

2023年 1月11日(水)ー1月17日(火) ※最終日は午後4時閉場
松坂屋静岡店 北館2階 Blanc CUBE


稀代のストーリーテラーである画家、高橋祐次氏。
今回の個展のテーマは「家」です。家たちが生きているかのようにさまざまな姿を見せます。
それはまるで「体温のある有機物」。 本展では、講談社より刊行された新作絵本『ずぼっ じー』も販売いたします。
ユニークで心温まる高橋祐次の世界をどうぞお楽しみください。

PROFILE
■2018年 東京藝術大学大学院デザイン専攻修了、修了制作 藝大デザインN賞
■2016年 第10回えほん大賞 大賞 ■2018年 KENZAN ロイドワークスギャラリー賞
■2020年 KENZAN N賞 ■2022年 ボローニャ国際絵本原画展 入選


..................................................................................................................

★大丸松坂屋百貨店×八犬堂プレゼンツ
ヤングアーティスト公募展 いい芽ふくら芽選抜展


2023年1月5日(木)-11日(水)10:30〜20:30 ※最終日は18:00閉場
Artglorieux GALLERY OF TOKYO(GINZA SIX 5階)


2022年11月、松坂屋名古屋店で開催しましたヤングアーティスト公募展「いい芽ふくら芽 in NAGOYA」。
230名のエントリーから入選した21名の中から、本展は更に14名の作家を選抜、展示いたします。
ぜひ新年をフレッシュなアートでお楽しみください。。

≪出品予定作家≫
大城舞華 / Sai / 坂井美里 / 坂田 樹 / 佐々木光 / 七 / 清水葉月 / 田島惠美 /
田代ゆかり / 椿あぐり / 久門裕子 / 平入裕佳子 / 妄想ハクビシン / yuzu (50音順)


..................................................................................................................

★新春を寿ぐ若手アーティストのWA2023

1月4日[水]〜1月10日[火][最終日午後6時終了]
伊勢丹新宿店 本館6階 アートギャラリー


2023年の年初めを、約60名の若手作家が彩ります。 平面、立体作品約200点に加え、人気の絵馬コーナーや新年の干支である卯(うさぎ)コーナーもございます
。 また33,000円以上お買いあげの先着150名さまには、オリジナルステッカー*を差しあげます。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。
*ステッカーは、アートギャラリーのインスタグラムをフォロー、またはメールマガジンを登録
いただいた方にも差しあげます。 会場にて販売もいたします。


..................................................................................................................





aaa

★ 過去の展示